○中性子の検出器

・熱中性子の検出

 (1)核反応を利用したもの

[ 10B(nα)7Li ]   [ 3He(np)3H ]   [ 6Li(nα)3He ]

 (2)核分裂を利用したもの

  [ 235U(nf) ]

 (3)放射化を利用したもの

  [ 115In(nγ) ]   [ 165Dy(nγ) ]   [ 197Au(nγ) 金箔検出器 ]

 

・高速中性子の検出

(1)    反跳陽子を利用したもの 1H(nn`)

[プラスチックシンチレータ] [有機液体シンチレータ]  [水素ガスやメタンガスの比例計数管]

(2)    放射化を利用したもの

[ 32S(np)32P ]   [ 27Al(nα)24Na ]

(3)    半導体を利用したもの

[ポリエチレンラジエータ付Si半導体検出器]

(4)    核分裂を利用したもの

[ 238U(nf) ]

 

・減速型線量当量計(レムカウンタ)

 熱中性子検出器をポリエチレン製減速材で覆ったもので、線量当量値が直読みできる。

   [BF3比例計数管ロングカウンタ]   [3He比例計数管Hurst型比例計数管]

[LiIシンチレータ]

 

・ホニャックボタン

 

 

α線の検出器

放射能測定

エネルギー測定

シリコン表面障壁型半導体検出器(SSBD)

可能

可能

ガスフロー比例計数管

可能

 

ZnS(Ag) CsI(Tl) 無機シンチレータ

可能

可能

液体シンチレータ

可能

可能

グリッド付電離箱

可能

固体飛程検出器

可能

イメージングプレート

フィルムバッチ

 

広告

○個人線量計

 

熱蛍光線量計

TLD

光刺激線量計

OSL

蛍光ガラス線量計

ポケット線量計

フィルムバッチ

測定対象

光子/β/熱中性子

光子/β

光子/β

 

光子/βα/速・熱中性子

素子

LiF素子など

αAl2O3:C素子

銀活性リン酸塩ガラス

電離作用を利用

銀粒子

読取方法

200℃前後に加熱

熱的励起

可視光()の照射

青色に発光する

紫外線の照射

オレンジ色に発光する

値が直で読める

濃度計

繰返し読取

不可能

可能

可能

不可能

可能

繰返し利用

可能

アニーリング(加熱)

可能

アニーリング(可視光)

可能

アニーリング(加熱)

400℃前後に加熱

可能

不可能

感度

高い(素子による)

高い(0.01mSv10Sv)

高い(0.01mGy10Gy)

低い

フェーディング

極小

極小

極大

特徴

グローカーブ(加熱温度と蛍光量の関係)

CR-39と組み合わせて熱・高速中性子の測定が可能

エネルギー依存性:小

方向依存性:大

 

機械的刺激に弱い

(トリボルミネセンス)

直線性が良いため、光子とβの分離が可能

素子間のばらつきが少ない

短い期間(一日程度)の積算線量

温度依存性:大

 

 

化学的に安定で湿度・温度の影響を受けない

 

 

取り扱いが容易

 

*この他に、半導体やシンチレータを利用した個人被曝線量計も存在する

 

 

○化学線量計

・鉄線量計(フリッケ線量計)

 酸化反応 [ Fe2+ → Fe3+ ] を利用する。

 空気か酸素を飽和させて使用する。

 G値:15.5

 

・セリウム線量計

 還元反応 [ Ce4+  → Ce3+ ] を利用する

 G値:2.4

 

G:溶液が100eVのエネルギーを吸収したときの原子の変化数

    イオン濃度線量率には影響されず、LETには依存する。

 

 

○飛程検出器

・霧箱

 過飽和状態のアルコール気体中に荷電粒子が走行し、その飛程に沿って電離が起こり、このイオンを核として、霧が生じ、その飛程を光で照らして観察を行う。

 

・原子核乾板

 ガラスに厚さ500μm程度にハロゲン化銀を湿布したもので、現像すると荷電粒子の飛程に沿って黒化像として記録される。

 

・固体飛程検出器(CR-39)

 絶縁性固体で飛程に沿って生じたエッチピットを測定する。

 

 

 

 

○その他の検出器

・イメージングプレート

 測定対象:光子/αβ

 フェーディング:大きい

 

FPD

 

・ラジオクロミックフィルム

 人体軟部組織に近いフィルムで照射量に応じて着色される

 繰返し読取は可能

 

MOSFET

 放射線によって生じた電子正孔対による電流-ゲート電圧カーブのシフトが吸収線量に比例する。

 繰返し読取は可能

 

 

広告