○コバルト60遠隔治療装置
 (1951年~)
 RI(60Co)を使用した装置―――半減期:5.26

・γ線エネルギー:1.17/1.33MeV(平均1.22MeV)  
・β線:カプセルで吸収される

・半影が大きい

 

○ベータトロン
 X線電子線を発生する(電子線治療に最適)

・加速管
 ドーナツ管:電子がドーナツ状の真空管の中で磁場の変化により加速される。

交流磁場により発生する電界で,円運動(軌道半径一定)と加速を行う電子専用加速器である。

・電磁石で加速管(ドーナツ管)をはさみ,電子はその中で円運動し加速される。

・加速エネルギーは430MeV

○マイクロトロン
 直流磁場(一定)で電子を円運動させて加速する

・円軌道半径は増大    
X線・電子線の治療に用いる 

 

○サイクロトロン
 ディー(dee)電極の間に高周波電圧をかけて荷電粒子(主に陽子)を加速する。

直流磁場(強度一定)により円運動を行い、回転軌道半径は増大する。

・高周波電圧の周波数により半周ごとに極性が変わり加速される。周波数は変わらない。

陽子重荷電粒子の加速に適する 
AVFサイクロトロン:強収束の原理を用いている 

 

○シンクロトロン
 重粒子を加速でき、炭素線治療など重粒子線を用いた放射線治療に用いられる。

・装置が大型 (HIMAC, Spring 8)

・直線加速器などで10MeVに加速した粒子を入射させる。

・コイルに直流電流を流して直流磁場(一定ではない)を発生させる。

・偏向電磁石で磁束密度を増大させて粒子の軌道半径を一定に保つ

電極部(加速空洞)のみで加速される(加速エネルギーは可変) 

○リニアック
 現在のスタンダード 、定位放射線照射装置

直線型加速管により電子を加速する。
 X, 電子線の治療に用いられる。
出力エネルギーは断続的

・リニアックヘッド内部構造

加速管

偏向磁石

ターゲット

電子線

X

プライマリコリメータ

スキャッタリングフィルタ

フラットニングフィルタ

モニタ線量計

コーン(照射筒)

コリメータJaw

 

MLC


























広告

・加速管(電子をマイクロ波で加速)
 銅によって作られ、一定の出力を持つ。
 内部は真空になっている。
 周波数帯域を変えると、加速管の長さが変化する


定在波型………現在の主流、真空度が大切、長さは短い

進行波型……….低エネルギーの装置に用いられている場合がある

 

・高周波発信器(マイクロ波発振管)

マグネトロン(自励発振管)
  →  , 寿命, 安定性10MeV以下の小型直線加速器に用いる。

クライストロン(増幅器)
    , 寿命, 安定性10MeV以上の大型の直線加速器に用いる
    発振周波数は3,000MHz程度である。

 

・偏向磁石(ベンディングマグネット)

電子線を磁石で270℃偏向させ,ビームを下向きに、エネルギーを均一にする。
 磁場は一定ではない

 
・フラットニング・フィルタ(平坦化フィルタ)

 ターゲットを出てきたX線は細い線束なので,広げる

また, 照射野内の線量強度を均一にする働きもある。
 鉛製。

 

・スキャッタリング・フィルタ(散乱箔)
 電子線照射の場合, 線束を広げるための.薄い金属泊

MLC(Multi Leaf Collimator)
 不整形な照射野を作るコリメータ機構

短冊状に区切られたコリメータ片により照射野を形成する.
mmから1cm程度の照射野幅を持つ。

 

・パルス変調回路

 構成・・・直流高圧電源、サイラトロン、パルストランス、PFN、充電チョーク、DeQing回路 

広告
広告