標的体積

放射線治療に関わるボリュームの定義で, ICRU report50 およびreport62にて定義された.

 

○標的体積の種類

GTV(肉眼的腫瘍体積)
 「原発巣
 「
治療の対象なら転移性リンパ節腫脹遠隔転移

悪性の病巣であることが明らかに識別でき,触れたりできる可視的に固定可能な腫瘍体積

CTV(臨床標的体積)
 「所属リンパ節

GTVとその周辺に存在する浸潤などをマージンに含む体積

ITV(内部標的体積)

呼吸,嚥下,心拍動,煽動など体内臓器動きによる影響を体内マージン(IM:Internal Margin)としてCTVに加えた体積。
CTVに生理的移動のマージンを考慮した体積

PTV(計画標的体積)

毎回の照射における患者の位置合わせのズレを設定マージン(SM: Setup Margin)としてITVに加えた体積。
 ITVにインターナルマージン(IM)とセットアップマージン(SM)を考慮した体積

TV(治療体積)

治療の目的を達するのに最適であると決められたPTVの最小線量と同じ等線量値で囲まれた体積。

最終的に照射を行う体積。

IV(照射体積)

正常組織耐容線量によって有意であると考えられる線量が照射される組織の体積.

OR/OAR(リスク臓器,決定臓器)

CTV内部もしくは近傍に存在する放射線感受性の高い組織臓器.

PRV(計画リスク臓器体積 )

CTVに対するPTVのように, ORに対してマージンを加えた体積.


広告

○標的体積の意味
 ORごとに問題とする指標が異なる.

・最大線量 Maximum Dose   

・最小線量 Minimum Dose    

・平均線量 Mean Dose

Conformity Index (CI)
 治療に必要な線量領域が腫瘍の体積(PTV)に一致しているかの指標

CI=TV÷PTV   
 CI1で、腫瘍に対して必要な線量を与え,かつ,正常組織の線量を抑えることができる

 

Homogeneity Index(HI)
 ある標的体積(CTVPTV)内の線量均一性を表す指標

  HI=最大線量÷最小線量    
  
HI1均一性が良いとされる

 

Coverage D95

ある(標的)体積に対して,ある線量以上が与えられる割合 基準となる線量は基本的には任意.90%, 95%, 100%などがPTVに対してよく使われる.

Coverage()ある線量以上与えられるPTV内の体積÷PTVの体積×100

 
Dose Volume Histogram(DVH)
 ある体積(PTV,ORなど)に対する線量を横軸として体積の関係を表したグラフ。
 積分型と微分型がある

PTV内の線量と体積を把握する → PTV内の線量均等度を見る。

正常組織の線量と体積を把握する → OARの線量と体積を把握する。

 

OCR:軸外線量比

 

V20:リスク臓器で20Gy以上与える体積の割合

 

Dxx95などで、体積のx%をカバーする線量

 

広告

Iso-dose chart
 治療計画装置の内部でPDD等の値から計算される。
 エネルギーが高いほど, 側方の形状シャープになってくる.

    

広告