直流回路

〇抵抗の直列接続

tyokuretu

 合成抵抗
RR1+R2

 

〇抵抗の並列接続

 heiretu

合成抵抗
RR1R2/(R1+R2)

 

〇ブリッジ回路

 ブリッジ

Gの電流が0のとき、abの電圧は同じで差がない

 I1V(R1+R3)

 I2V(R2+R4)

VaI1×R3

VbI2×R4

よって

R1×R4R2×R3

また

R1/R2R3/R4 (平衡条件)

 

〇コンデンサの直列接続

 V1V21/C11/C2

 1/C1/C1+1/C2

 CC1C2/(C1+C2)

広告

 

 交流回路

〇直列接続


RLC
 抵抗
R : VI×R

V/IR[Ω]

 コンデンサC : VI/(jωC)

          V/I1/jωC[Ω]

 コイルL : V=jωL×I

        V/IjωL[Ω]

 

・合成インピーダンスZ

 Z = R + jωL + 1/jωC

   = R + j(ωL1/ωC

 Zの大きさ
z
 

 

・直列共振(電圧共振)

 ωL1/ωCのとき、Z=Rとなり、電流Iは最大となり、電圧と位相が等しくなる

 共振角周波数ω01/LC

 共振周波数S01/2π√LC

 

 コイルの良さを示すQ

 Q = ω0L÷R = 1/ω0CR = 1/R ×√L/C

 直列共振のとき、大きな電圧を取り出せるので、電圧共振とも呼ぶ

 ω02πf0

 

 振動数ν=Asin(Bt+x)

 A:電圧または電流

 B:角周波数ω[rad/s

 X:位相差

 

 

〇並列接続

 y

 

〇交流電力

 一周期にわたる瞬時電力pの平均値を交流電力という

・交流電力PVIcosθ[W

     VI皮相電力

cosθ:力率

     

・無効電力PVIsinθ[W

 

・実効値=最大値/2

 

・平均値=2/π×最大値

 

・消費電力P(電力の瞬時値の時間平均)

 PV×I×cosθ

 V実効値

 I実効値

 

広告