循環器系 臨床病理

心タンポナーデ

心膜腔に大量の液体貯留や出血が起こり、そのために心臓が圧迫されて循環不全を生じる。

原因:ウイルス感染による心膜炎

 

ファロー四微症(TOFtetralogy of Fallot)

肺動脈狭窄心室中隔欠損大動脈の右方転位右室肥大を主徴とする先天性奇形

症状:チアノーゼ、運動制限、無酸素発作

 胸部単純写真:木靴型心陰影として現れる

 

チアノーゼ

血液酸素飽和度低下によって皮膚粘膜濃い青紫色になる状態。

部位:「耳たぶ」「鼻尖」「
    「指爪」「口唇」「指趾」など

原因:「呼吸器疾患(肺気腫無気肺肺線維症)
    「心疾患
(ファロー四微症右室不全)

 

心室中隔欠損症(VSDventricular septal defect)

心室中隔に孔があいており、心臓を通る血液が多くなり全身を回る血液が少なくなる。

症状:「発育障害」「呼吸困難」「疲れやすい
    「不全」「室の容量負荷」「肺血流の増加

 

心房中隔欠損症(ASDatrial septal defect)

心房中隔に孔があいており、からかえってきた血液の一部が再びに戻ってしまう。

症状:「気道感染」「呼吸困難」「疲れやすい
    「右室容量負荷」「肺血流増加」「右心不全

  

虚血性心疾患(狭心症心筋梗塞)

・狭心症:虚血が一過性で可逆性、心機能の低下や胸痛が起こる。

・心筋梗塞:虚血が持続し、血液の流れが止まり、その領域の組織が壊死に陥るもの

広告

動脈硬化症による冠状動脈粥腫(=プラーク)形成、血栓形成冠状動脈炎による心筋への血行途脱により起こる。

関係する因子:「喫煙」「高血圧」「糖尿病
        「高脂血症」「運動不足」「肥満」「遺伝

 

動脈硬化症

動脈壁へのコレステロールの沈着、内膜の肥厚などによって、血管が弾性を失った状態。
 血栓が出来やすくなり、心筋梗塞脳梗塞腎不全痴呆などに発展する。
 また、弾性が失われるため血管が破れやすくなり、動脈瘤破裂などに発展することもある。

 

左心不全

虚血性心疾患や高血圧性心疾患などにより、左心室のポンプ機能が低下、左心室内に血液が溜まり、血液が肺へ逆流し、肺静脈にうっ血を起こす。
 これにより、ガス交換がうまく機能しなくなり、息切れや呼吸困難が生じる。

右心不全

肺塞栓症や肺性心などにより、右心室のポンプ機能が低下した状態。
 全身から集められた静脈血が、心臓にスムーズに流れ込めなくなり、全身の静脈系にうっ血が生じてしまい、肝臓の腫れや下肢のむくみが生じる。

 

高血圧症
 最高血圧
140mmHg以上あるいは最低血圧90mmHg以上 
 ※低血圧症:最高血圧が100mmHg以下

・本態性高血圧症:全体の80%。そのうちの40%は遺伝・生活習慣が関係する。原因:不明

・二次性高血圧症:全体の20%。多くは腎性高血圧症。

原因:「内分泌系」「心臓血管系(動脈硬化)」「腎動脈狭窄
     「原発性アルドステロン症」「褐色細胞腫

   「クッシング症」「甲状腺機能亢進症

 

血友病
 血液凝固異常で出血しやすく血が止まりにくい。
 性染色体
(X染色体)に関係する遺伝性で、男性に多い。

 

○食道静脈瘤
 肝硬変や慢性肝炎、門脈や肝静脈の狭窄・閉鎖によって門脈圧が上昇し、食道の粘膜下層の静脈が太くなって、さらには破裂する。

 

○上大静脈症候群
 腫瘍による原因 肺がん
>>リンパ腫>胞腺種

広告