腹部臓器系 正常解剖

○消化液とその作用

消化液

 (pH)

分泌腺

作用場所

酵素名

作用

唾液

(6~7)

唾液腺

口腔

プチアリン

(アミラーゼ)

デンプン麦芽糖

胃液

(1~2)

胃腺

内因子
塩酸
ガストリン

レンニン
ペプシン

リパーゼ
ペプシノーゲン

蛋白質  ポリペプチド

脂肪  

食物殺菌胃粘膜保護

膵液

(6.7~8)

膵臓

小腸

トリプシン
マルターゼ

キモトリプシン

ペプチターゼ

ステアプシン(リパーゼ)

アミロプシン(アミラーゼ)

ポリペプチドペプチド

ペプチドアミノ酸

脂肪脂肪酸グリセリン

デンプンデキストリン麦芽糖

麦芽糖ブドウ糖

腸液

(5~8)

腸腺

十二

指腸腺

小腸

ペプチターゼ(エレプシン)

マルターゼ

サッカラーゼ

ラクターゼ

ポリペプチドアミノ酸

麦芽糖ブドウ糖

ショ糖ブドウ糖果糖

乳糖ブドウ糖ガラクトース

胆汁

(6.9~8.6)

肝臓

小腸

酵素なし

脂肪を乳化してステアプシンの働きを受けやすくする

生成された脂肪酸と結合して、吸収されやすくする

蛋白質を凝固させ、分解されやすくする

○腹部臓器

後腹膜臓器

後腹壁の壁側腹膜より後方に位置する臓器。腹膜により後腹壁に固定されている。この部位の臓器に炎症が起こると腰背部痛が起こりやすいという特徴がある。

腎臓」「十二指腸」「副腎」「腹大動脈」「膵臓」「下大静脈」「尿管」「胸管

・腹腔内臓器

腹膜で覆われていない。腸間膜をもっている。

脾臓」「」「小腸空腸回腸)」「虫垂」「横行結腸」「S状結腸」「卵巣」「卵管

・微妙な立ち位置の臓器さん:間膜は持っていないが、奨幕に大半を覆われていている。

上行下行結腸」「直腸」「盲腸」「肝臓

 ○肝 (重さ:1400g 

・機能①血糖値の調節:血糖値()  ブドウ糖⇒グリコーゲン(肝臓内に蓄える) .

血糖値()  グリコーゲン⇒ブドウ糖(血液中に放出)

②胆汁を分泌:外分泌腺。肝細胞で生成量:600~1,200mL/day  

③脂肪代謝:脂肪酸の分解、コレステロールの生成

④血漿蛋白の合成:アルブミン、フィブリノーゲンの生成

⑤尿素の合成:オルニチン回路により不要のアミノ酸を分解して尿素を合成

⑥解毒作用:血液中の有毒物質を分解し、胆汁中へ排泄

⑦その他:アルブミン血液凝固に関与、造血壊血作用、血液の貯蔵

ビタミンの貯蔵、ホルモンの不活性化、ヘパリン(肝臓ホルモン)の生成など 

広告

○消化器系臓器の順路

 食道十二指腸空腸回腸盲腸上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸→直腸
 

○胃

 消化器は基本的に漿膜により境界されるが

 「胸部食道」「上部結腸」「直腸」は外膜によって境界される。


○小腸 [十二指腸(25cm)+空腸+回腸]  (長さ:6m)

2糖類(マルトーススクロースラクトース)は分解して吸収

・単糖類(グルコースフルクトース)はそのまま吸収

・ケルクリングひだは空腸に顕著に見られる

 

○大腸 [盲腸+結腸+直腸]  (長さ:1.6m)

・ハウストラ:結腸を外側からみたときに、繰り返し並んでいる、たくさんの大きなふくらみのこと。

・半月ひだ:横走する溝に相当する部分の大腸内腔側の2本の結腸ひもを結ぶひだ

 

○脾臓 (重さ:150g  長さ:10cm  幅:6cm  厚さ:3cm  色:暗赤色)

位置
 腹腔の左上部。上、後面は横隔膜、前面は胃底に接する。

・構造
 赤色髄
(赤血球に満ちて暗赤色を呈する、血液の貯蔵場所)と自色髄(白いリンパ組織の部分)からなる。

・働きa)赤血球破壊:胎生期:赤血球を生成   生後:古い赤血球の破壊

b)抗菌抗異物作用:血液中にまぎれ込んだ異物や細菌などを食作用により処理すると同時に,必要に応じてγグロブリン(生体防御のための抗体)産生を行う。

c)血液の貯蔵:蓄えた血液を出血時に動員。

d)リンパ球の産生・貯蔵

e)内分泌作用:スプレニン(血液凝固に関係するホルモン)を分泌。

 

○胸腺 (重さ:思春期まで発育(30~40g)し、その後小さくなり、成人では大部分が脂肪組織に置き換わる)

・位置
 胸腔内で、心臓の上前方、胸骨の後面に位置する。
(左鎖骨下静脈に流入する)

・構造
 左葉と右葉からなる
(互いに癒着し単一器官のようにみえる)

・働き
 T細胞の分化・成熟の場であり、細胞性免疫に関与。T細胞の分化・成熟はサイモシンの内分泌による

 下半身左上半身のリンパ液が集められる

 

○膵臓 (長さ:15cm)

・働き
 消化作用:消化酵素により栄養素分解

 内分泌作用:インスリングルカゴンにより、血糖値を調整する

 

○胆嚢

・分泌量:500~1000mL/day
 

消化管系 臨床病理

胃潰瘍

粘液が不足したり胃液が多すぎたりすると胃液が胃粘膜にしみ込み、自己消化が起こってしまい、「びらん潰瘍」となってしまう。「ヘリコバクターピロリ菌」と潰瘍は因果関係がある。

 

○メッケル憩室

胎生期の臍(へそ)腸管の腸管側が生後完全に閉鎖しないために生じる憩室。男性に多い。回腸に存在する。

 

肝炎

原因:ウイルス・アルコール・薬物・自己免疫

ウイルス

感染経路

特徴

A

経口(飲料水食物)

・予後良好1度かかると生涯免疫ができる

B

血液(輸血入れ墨針刺し事故など)唾液尿便体液(精液膣液性行為)垂直感染

・急性肝炎が慢性化することはない

・まれに劇症肝炎になる

肝硬変肝癌に進行することもある

垂直感染に対するワクチンが存在

C

血液(輸血入れ墨針刺し事故など)

垂直感染(まれにおこる)

・慢性肝炎になることが多い

肝硬変肝癌に移行することが多い

・肝硬変

肝炎などの肝障害のために肝臓が何度もくり返してダメージを受けると、組織の線維化が生じて肝臓全体に広がり、肝臓の表面がでこぼこと変貌してしまう状態。肝臓癌のほとんどが肝硬変から発生する。

症状:だるい、疲れやすい、食欲不振、腹水、むくみ

原因:「慢性肝炎(C型肝炎による)」「アルコール性肝障害

 合併症:「食道静脈瘤」「門脈圧亢進」「肝細胞癌」

 

脂肪肝

肝細胞に10%以上の中性脂肪が異常蓄積してしまった状態。自覚症状がなく肝炎が合併しやすい。

原因:肥満・アルコール

診断:腹部超音波検査(肝腎コントラスト(肝実質のエコーレベル上昇))

XCT検査(CT値の低下脾臓と同程度になる)

 

*肝機能低下の症状:「黄疸」「貧血」「糖尿」「腹水」「浮腫」

 

結石とX線像

尿酸結石」と「シスチン結石」はX線透過性であるためX線画像に検出されない。

 

胆石症

胆汁の成分(コレステロール、ビリルビン)が結晶化して胆道のどこかに石が出来た状態。発生しても無症状のことが多い。女性は男性の2倍の発生率。

原因:高脂肪の食事、肥満、ホルモン、加齢による胆汁散合成の低下

胆嚢内:胆嚢結石。最も多く、そのうち70%がコレステロール結石。

総胆管内:総胆管結石 → 両葉の肝内胆管拡張が見られる

肝臓内胆管:肝内結石

 

膵炎

自己の産生・分泌する消化酵素によって膵組織が自己消化される状態。

原因:胆石による膵液の十二指腸への移行障害、またはアルコールの大量摂取(70%)

診断:「アミラーゼの測定」「血中尿中アミラーゼ上昇

 

○腸閉塞

・機械性:閉塞性の所見は二ボー、絞扼性の所見はPesudotumor sign(水濃度腫瘤)Coffe bean signなど

・機能性:麻痺性と痙攣性がある 

広告