骨格系 正常解剖

○頭蓋骨
 → 頭蓋骨3D *PC視聴推奨 (別ページに移動します)

BioDigital Human


○副鼻腔

・構成:前頭洞、し骨洞、上顎洞、蝶形骨洞



○脊椎
全脊椎

1、2頸椎
 横突孔には椎骨動脈と椎骨静脈が通る。

 第1頸椎(環椎):椎体と棘突起を欠き,状形態をなす。
上関節窩は後頭骨の後頭窩と関節をなし
, うなずき運動に働く。

 第2頸椎(軸椎)歯突起を特徴とする。
火葬の際にノドボトケとしてあつかわれる。
歯突起を軸として頭蓋を回旋する。


3~7頸椎:椎体が小さい。

       横突孔には椎骨動脈と椎骨静脈が通る。

 5頚椎は喉頭隆起がある
 第7頸椎は頸を前方へ屈曲したとき,棘突起が皮膚の上から触れ、隆椎という。

 

・胸椎
 上肋骨、下肋骨窩、横突肋骨窩で肋骨と連結
 大きさは椎より大きく椎より小さい。
 尾側に行くほど大きい。

 第3胸椎:「胸骨角
 第
10胸椎:「剣状突起


・腰椎

 他の椎体に比べて、著しく厚く大きい

 肋骨突起は、肋骨が退化して癒合したもの。

 元来の横突起は、乳頭突起および副突起に変形し、筋の付着部になっている。
 第4腰椎:ヤコビー線



○胸郭

・胸郭の構成:胸椎、肋骨、胸骨

・肋骨
 第一肋骨:肋骨の中でも最も幅が広い

・肋軟骨
 第1~7肋骨:直接胸骨と連結
       真肋とも言われる
 第8~10肋骨:上位肋軟骨を介して胸骨と連結
        仮肋とも言われる
 第11、12肋骨:胸骨と連結しない
        仮肋とも呼ばれるが浮動肋骨(浮肋)とも言われる


○上肢
・手の骨
 構成(遠位方向から):末節骨+中節骨+基節骨+中手骨+手根骨(8個)+橈骨、尺骨
 画像は右手 PA方向
手の骨

・肩関節
 

○下肢

・膝関節

 「関節唇がない」

関節包関節内靭帯によって安定する」

半月板衝撃吸収分散

 「軟骨成分:主にコラーゲン」

 関節内靭帯として「前・後十字靭帯、外・内側副靭帯」がある

 
・足の骨

 リスフラン関節の構成骨:「中足骨」「立方骨」「楔状骨

 

 ショパール関節の構成骨:「踵骨」「距骨」「立方骨」「舟状骨
 中足骨:最も疲労骨折しやすい

足の骨

広告

広告