○肩の撮影

・肩関節 正面

 体位:上腕は自然に下垂し、機能的基本肢位とする。手掌は軽度回内(内旋)する

中心線:頭尾方向に20°で入射

・肩正面・上腕骨 内()旋位撮影:鎖骨・肩峰・上腕骨の重なりが少なく描写する

・肩関節 尾頭方向軸位撮影:肩甲骨関節面がほぼ接線となり、上腕骨頭と関節面の関係が明瞭に観察できる

 中心線:外側から体軸方向に3045°で入射する

・肩関節 Yビュー撮影:肩峰角および上腕骨頭の観察

 中心線:頭尾方向に20°で入射する

・肩鎖関節 前後方向撮影

 中心線:尾頭方向に10°で入射する

・鎖骨 斜位撮影

 中心線:頭尾方向か尾頭方向に20°で入射する

・ストライカー法(関節半軸位):反復性肩関節脱臼に見られるHill-sachs損傷の観察

・ウエストポイント法:

 

 

○手腕の撮影

・上腕骨 正面撮影

 体位:上腕は下垂させ、体側から離し、少し外転する。肘関節は伸展しカセッテに対し平行にし、前額面を正面にする。

・上腕骨 側面撮影

 体位:上腕骨は90°内旋し、肘関節を90°屈曲させ、ヒジテツの体勢とする。

・肘関節 正面撮影

 体位:肩関節は90°屈曲し、上腕は90°外旋し、肘関節を伸展し、上腕と前腕を水平にする。

手掌は軽く回外

・肘関節 側面撮影

 体位:肘関節90°屈曲して、手掌を垂直にする

・肘関節 軸位撮影

 体位:肘関節最大屈曲

 

○足の撮影

・大腿骨 正面撮影

 体位:膝関節をやや内旋した中間位にする

・膝関節 正面撮影

 体位:下肢を軽度の内旋する

膝関節 軸位撮影膝蓋骨の観察

・ローゼンバーグ法(膝関節):立位屈曲による最大荷重での関節間隙の変化を観察

 中心線:頭尾方向に10°で入射する

・足部 正面撮影ショパール関節の観察

・アントンセン法:足部の距踵関節の観察

 

広告
広告