1、臨床用MRIが人体に及ぼす作用

マグネットの力学的作用

禁忌:「人工内耳
   「ペースメーカ
   「強磁性体
   「脳動脈クリップの一部
   「
1970年以前の人工心臓弁

 

○高周波による加温

 RFによって人体に生じた渦電流ジュール熱で、SAR質量あたりの熱吸収比W/kg)で評価する。

SAR(電気伝導度)×(半球)2×(静磁場強度)2×(フリップ角度)2×(RFパルス数)×(スライス枚数)

SARの低減方法
 → 「低磁場
   「
TR大きくする」
   「
ETL少なくする(高速SEのとき)

QD型送信コイルは,約1/2倍のSARSNRは√2倍.

火傷の危険性:リード線などの導電金属がループを作ると火傷する場合あり.
 同様に患者が手や足を組んで電流ループができないようにする.
 入れ墨,金属を含む湿布なども注意する.

 

変動磁場による刺激と騒音(末梢神経、心臓)

・傾斜磁場の騒音
 傾斜磁場コイル電流のオンオフによって発生.
 被検者を不快にし対話困難
 可逆性聴力損失.
 高速撮像のため高い傾斜磁場の能力が必要.
 静磁場強度低いほど騒音が小さい。
 コイルのひずみも影響する。
 

*胎児への影響は報告されていない

 



2、クエンチ

超伝導MRI装置では、超電導コイルの冷却用液体ヘリウムが突如ガス状になることが極稀にある。
これは超伝導状態が途切れた場合に、コイルに生じた電気抵抗による発熱が液体ヘリウムを蒸発させるためで、超伝導状態から常伝導状態になる現象をクエンチという。

・室内は高圧となり、酸欠状態になる可能性がある。

・クエンチ時には速やかに被検者をマグネット内から検査室外へ連れ出す。

・事前に窓ガラスを割らないと検査室に入れない事態を想定するなど、対処法を確立する必要がある。

・クエンチ防止には液体ヘリウムの減少率を定期的に確認しなければならない。

・酸素モニタが正常に動作しているかも点検する必要がある。

 

3JISによるMRI用ファントムを用いた日常点検項目

SN比:信号と雑音の比

②均一性:関心領域内の画素強度変化の割合

③スライス厚:スライスプロファイル半値幅

④空間分解能:画像上で測定用のスリット幅を識別できる能力

⑤幾何学的歪み:実寸法に対する画像上の測定寸法と実寸法の差の割合

 

JIS規格で上限値のあるもの:SAR傾斜磁場出力

・安全確保のため漏えい磁場が0.5mT以上の区域は立ち入り制限領域とする

MRI撮影室は電波を遮断するため、60100dBの遮蔽能力が必要




広告