原子の構造

4つの力

・電磁相互作用

 相対強度:10-2

 作用距離: (1/距離^2に働く)

 例:クーロン力

 

・重力

 相対強度:10-39

 作用距離: (1/距離^2に働く)

 例:引力

 

・弱い相互作用

 相対強度:10-13

 作用距離:ほぼゼロ 

 例:β壊変μ粒子崩壊

 

・強い相互作用

 相対強度:1

 作用距離:近接~10-15m 

 例:核力

 

〇核子の質量と静止エネルギー

 陽子 :mp1.007u  mpC2938MeV

中性子:mn1.008u  mnC2939MeV

陽子 :me0.0005u  meC20.511MeV

1u1.66×10-27kg931MeV

 

広告

〇原子核の半径R = 1.3×10-15×A1/3

 

〇結合エネルギー

核力強い相互作用)によって生じる

 → 距離が離れると効果がない

・質量60Feくらい)近くで最大となる

 → Feの結合エネルギー:8.8MeV

・核子当たりの平均結合エネルギーは19MeV

・陽子-陽子間にはクーロン力も働く

・α粒子は極大値を取り、約7MeV

 

〇原子の構造

・原子の直径:10-10m

・原子核の半径R10-1510-14mRr0×(質量数)1/3 

r01.21.4×10-15
 

広告