放射化学 トップページ

放射性壊変 / 核分裂

放射性壊変 / 核分裂
放射性壊変 放射性壊変と放射能  (73pm71、72am71、66.44、65.43、64.44、63.2) ・放射能A    A = -dN/dt = λ×N ・壊変定数λ  λ = 0.693/T ・原子数N   N = w/W×6.02×1023  w:放射性物質の質量  W:対象物質の原子量 ・分岐比λ   λ=λ1+λ2+λ3+……  λ1,λ2,λ3:部分半減期  分岐比 → λ1:λ2=T2:T1 ・平均寿命τ  τ=1/λ=1.44×T ・放射線壊変図 (72am3) 放射平衡  (64.2) ・放射平衡  娘核種の放射能A2、原子数N2 $$A_{ 2 }=\frac { λ_{ 2 } }{ λ_{ 2 }-λ_{ 1 } } ×A_{ 1 }^{ 0 }×({ e }^{ -λ_{ 1 }t }-{ e }^{ -λ_{ 2 }t })+A_{ 2 }^{ 0 }×{ e }^{ -λ_{ 2 }t }$$ $$N_{ 2 }=\frac { λ_{ 1 } }{ λ_{ 2 }-λ...

RIの分離とその保存

RIの分離とその保存
共沈法  (68am3、67am3、66.4、65.6、64.5、63.4) ・同位体担体:必要なRIの安定同位体の担体 ・非同位体担体:不必要なRIの安定同位体の担体 ・スカベンジャー:不必要なRIを沈殿させるための担体 ・保持担体:必要なRIを溶液に留めるための担体 ・捕集剤:必要なRIを沈殿させるための担体 ・溶解度積  共沈法では溶解度積の小さい反応が選ばれる  溶解度積   =「溶解した塩の濃度」×「溶解しなかった塩の濃度」 ・共沈法の実例 溶液中のRI 捕集剤 保持担体 沈殿物 140Laと140Ba Fe3+ Ba2+ 140La 90Yと90Sr Fe3+ Sr2+ 90Y 32Sと32P Fe3+ SO42- 32P *沈殿物は分離後、溶媒抽出することで無担体にできる 溶媒抽出法 (72am4、65.7、64.4、61.4)  分離が(イオン交換等より)早く、トレーサ量からマクロ量まで対応が可能 ・分配比  水相を基準として有機相に何倍多く...

放射化分析 / 合成法,標識法

放射化分析 / 合成法,標識法
放射化分析  (73pm34、72pm3、69pm4、68pm4、66.8、61.7) 放射化分析の利点  「検出感度が良い」  「試薬などの汚染がない」  「核反応なので元素の化学的性質に影響されない」  「多元素同時分析ができる」  「非破壊分析ができる」 放射化分析の欠点  「精度が低い」  「副反応による妨害がある」  「自己遮蔽の影響がある」  「原子炉など中性子発生源が必要」 生成放射能の計算  (72pm4、64.8、60.7) ・試料を時間t照射して、直後に得られる放射能A  A = f×σ×N×(1-e-λt)    = f×σ×N×(1-(1/2)t/T)  f:照射粒子束密度(n/cm2・s)  σ:放射化断面積  N:試料の原子数   ・原子数N  N = θm/M × 6.02 × 1023  θ:存在比 m:試料質量 M:試料原子量  また、t<<Tの場合  A = f×σ×N×(0.693×t/T) ・照射終了後、時間d経過後の放射能Ad  Ad = A×e-λd =A×(1/2)d/T ・...

RIの化学分析への利用

RIの化学分析への利用
オートラジオグラフィ  (73am4、70pm4、61.8)  イメージングプレート等を用いてRIの分布を可視化する  基本的な性能としてIP法>写真法  ミクロオートラジオグラフィでは低エネルギーγ線が適する 放射化学分析   試料のRIの放射能、またはその娘核種の放射能によって存在量を知る方法  γ線スペクトルの測定を行う 放射分析  (71pm4)  非放射性の試料に結合するRI試薬を加え、試料の存在量を知る方法  特長として「簡易的」「高精度」「微量成分の分析」がある  放射滴定は放射分析の一種 同位体希釈分析法 ・特徴 「混合物の場合、その成分だけを完全に分離定量しなければならない」 「完全な分離でなく、その一部でも純粋に分離できれば定量可能」 「ラベル付き化合物を作る必要がある」 「RIは目的の化合物以外に移らない必要がある」 ・ラジオイムノアッセイ  抗体抗原反応を利用する 直接希釈法  (62.7)     重量 比放射能 全放射能 添加前 目的の試料 X  0 0 トレー...

主なRIとその特徴

主なRIとその特徴
主なRIとその特徴 (73am2、69pm1、67pm1、66.1、66.2、65.3、60.1) 核種 ★壊変 方式 エネルギー(MeV) 半減期  その他 α・β線 γ線 3H★ β- 0.02   12年  β線のみ放出/天然RI/ 7Be EC   0.5 53日 中性子線源 11C★ β+   0.511 20分 14N(p,α)11C 14C★ β- 0.15    5.7×103年 β線のみ放出/天然RI 13N★ β+   0.511 10分 16O(p,α)13N 15O★ β+   0.511 2分 14N(d,n)15O 18F★ β+    0.511 110分 20Ne(d,α)18F、18O(p,n)18F 32P★ β- 1.7    14日  β線のみ放出 40K★ β- 1.3   1.2×109年 天然RI、12億年 ...

壊変系列と元素表

壊変系列と元素表
ウラン系列 (63.43、62.44) アクチニウム系列 トリウム系列 元素表 (71am1、64.1、63.1)  1族:アルカリ金属  2族:アルカリ土塁金属  17族:ハロゲン  18族:希ガス

 

 放射物理、放射線生物学と並び、放射線の基礎学問的存在
 放射線取扱主任者の試験に合格した人であれば、特に難しい分野ではないと考えられます
 放射線取扱主任者の試験の方が難易度は高め
 
 ここでひとまとめにRIの種類を壊変方式、エネルギー、その利用方法、製造方法等を覚えてしまうと、核医学や治療等でも役に立ちますのでお勧め

 問題構成としては、例年、あまりイレギュラーな問題も少なめで、できればすべて正解しておきたい点取り科目だと考えます

 

 

オフラインでも対策ノートが見たい
広告が邪魔
という声にお応えしたく、
電子書籍版(Kindle)の対策ノート
用意しました!

 放射化学 
対策ノート
Kindle版

対策ノートの使い方

オレンジ色の場所を覚える

 オレンジの文字暗記用赤シート消えます

・★マーク:特に重要な箇所

・出題年数の見方
 例:(71pm72、67pm13.pm75、66.26)
 71pm72 → 第71回の午後72問
 67pm13.pm75 → 第67回の午後13と75問
 66.26 → 第66回のその教科がある方の26問
(放射化学から医用画像情報学までは午前
 基礎医学大要から安全管理学までは午後)

カテゴリ別に調べたい場合

・PC
 :左カラムの「カテゴリ
  または
  トップページに戻って各教科の「このカテゴリをもっと読む
 
・スマホ
 :下タブ右側の「カテゴリ
  または
  下タブ左側のホームボタンから各教科の「このカテゴリをもっと読む

調べたい単語がある場合

・PC
:左カラムの「サイト内を検索」に単語を入力

・スマホ
:下タブ中央の「サイト内を検索」に単語を入力

error:Content is protected !!