マンモグラフィ / 骨塩定量検査

スポンサーリンク

マンモグラフィ

・MLO撮影

 (70pm87、68am86、63.75、61.75、60.71)
 乳がん好発部位である外側・上部が写しこみやすく、一枚で乳腺全体を描出しやすい
 乳頭が完全な側面像で描出される

・体位
:立位あるいは座位、カセッテホルダは外側に向ける

・撮影方法
:水平に対して60~70°程度(大胸筋の走行にあわせて)撮影台の角度を決定する
 カセッテ面に対して直角に照射
 大胸筋は乳頭の高さまで描出する、胸筋が入りすぎると圧迫不足になりやすい

・撮影距離
65cmと短い

・圧迫
:通常100~120N程度の圧迫を正中側から行う 
 以下に主な理由を挙げる
① 乳房厚が均一になり、乳腺全域が適切な画像濃度となる
② 散乱線が減少してコントラスト及び分解能が向上する
③ 乳腺構造組織が分離され、組織間コントラストが向上する
④ 低いX線エネルギーの使用によりコントラストが向上する
⑤ 乳房が固定され、動きによるボケの防止
⑥ 被曝が減少する
⑦ 被写体―受像器間距離が短くなり、幾何学的ボケが小さくなる

・AEC
カセッテ後面の位置とする

・ブラインドエリア
:「内側上部」「下部

・MLO画像 (71pm85、69am90、67pm90、64.78)

 

腫瘤濃度は高濃度、境界不明瞭、乳房は低濃度 ↑ 

*乳腺の分類(4種類)
 脂肪性:脂肪の割合90%
 乳腺散在:脂肪の割合70~90%
 不均一高濃度:脂肪の割合40~50%
 高濃度:脂肪の割合10~20%

CC撮影

 (69pm87、66.74)
 MLO撮影の補完的撮影、乳房を挙上し、上下で挟む
 肩や髪が画像に移りこまないようにする

・ブラインドエリア
:「外側上部

・乳房支持台の角度は水平

・CC画像 (71pm85、68pm91、65.84)

↑ 高濃度乳房、辺縁不整の腫瘤像、腫瘤に石灰化
:びまん性円形小型石灰化
         → 良性、非脂肪性乳腺

*石灰化の悪性度
:「淡く不明瞭」>「多形成」>「微細分枝状」の順で悪い

*ティカップサイン
嚢胞内に生じた石灰粒子が嚢胞の形を縁取ることによる

スポンサーリンク

・アナログ式マンモグラフィ拡大撮影

・拡大率
:1.5~2

・利点
:石灰化、腫瘤辺縁の特徴をより鮮鋭に描出できる

・欠点
:被曝が増加する

・スポット撮影

 目的部位を小さな圧迫板で局所的に圧迫する
 腫瘤の辺縁描出に優れる

・トモシンセシス法

 乳房の重なりを薄層として観察できるので、石灰化や微小構造の観察に適する

骨塩定量検査

 (70am89、65.78、63.14)

・DXA法

 (71am84、67am9、66.80)
:精度は高い
 二つの異なるエネルギーのX線を使用して吸収率の違いから骨と軟部組織を識別する方法
 測定部位は腰椎、股関節(大腿骨頸部)
 骨密度の単位はg/cm2

・SXA法

:精度は高い
 測定時間は短い
 測定部位は橈骨と踵骨

・QCT法

:X線CTを利用した方法 
 感度は高い
 精度は低い
 測定部位は腰椎
 骨密度の単位はmg/cm3

・QUS法

 (64.39)
超音波を利用
 測定部位は踵骨・脛骨
 軟部組織の影響を無くすため、を利用する

・RA法(MD法)

手指(第二中手骨)X線写真とアルミニウム製基準物質の濃度を測定する方法

・PA法

光子の吸収を利用した方法

コメント

error: Content is protected !!