内分泌系 臨床病理

スポンサーリンク

巨人症、小人症

 成長ホルモンの分泌過剰が、成長期に起こると巨人症となり、異常な高身長が特徴
 成人で起こると末端肥大症

尿崩症

 下垂体の腫瘍や炎症などによってADHの分泌が不足した場合、遠位尿細管での水分の再吸収が妨げられる疾患

クッシング症候群

・原因
:「肥満」
 「皮下脂肪の異状沈着」

・症状
:「満月様顔貌」「顔面紅潮」
 「腹壁の動脈怒張」「高血圧」
 「高血糖」「筋力低下」
 「骨粗鬆症」「無月経」「多毛」

アルドステロン症(別称:コーン症候群)

・症状
:筋力低下、多飲多尿、頭痛、高血圧

アジソン病

 慢性疾患
 副腎皮質の萎縮によって生じ、皮膚の着色、筋力低下、血中のナトリウムの減少、低血圧、低血糖、心臓衰弱をもとに、1~2年の経過で死にいたる病気であった
 しかし近年では、ステロイド剤の治療によりコントロール可能になった。

糖尿病(DM:diabetes mellitus)

(63.19.29、61.27)
・全身の細胞においてブドウ糖を取り入れることができなくなり、血糖値が上昇し、尿の中にブドウ糖が大量に出てきてしまう疾患

・3大合併症
:「糖尿病性腎炎
 「糖尿病性網膜症
 「糖尿病性神経症

・3大合併症があるが実際は、「狭心症」「心筋梗塞」「脳血管疾患」「糖尿病性壊疸」などの動脈硬化性の疾患が多い

・分類

Ⅰ型糖尿病
 ・β細胞のインスリン分泌不足
 ・主に15歳未満に発症
 ・急速に強い症状が出現する
 ・インスリンの不足をインスリン注射により補わなければならない

Ⅱ型糖尿病

 ・インスリンの標的細胞での作用不全
 ・主に成人に発生する生活習慣病の1つ
 ・症状の進行が緩やかで、初期は症状に乏しい

スポンサーリンク

パーキンソン病

 (70am62)
・中脳にある黒質のドーパミン作動性ニューロンが破壊されることにより、特徴的な運動障害が起こる疾患
・血液脳関門を通過することのできるL-ドーパを経口または静注することにより症状の改善が認められる
・日本での患者数は人口10万人につき80~100人で、50~60歳代に多い

・症状
:「振戦」「筋固縮」「無動」「姿勢保持障害

ステロイド剤(糖質コルチコイド)の副作用

:「感染症」「糖尿病」「精神障害」 

副腎皮質ステロイドの副作用

:「糖尿病」「骨粗鬆症」「消化管潰瘍」「感染症」 (63.23)

非ステロイド性抗炎症薬(アスピリン、ロキソニン、ボルタレンなど)の作用

:「抗炎症作用」「鎮痛作用」「解熱作用

コメント

error: Content is protected !!