呼吸器系 正常解剖

スポンサーリンク

頸部

(69pm93、68am91、65.82、62.85)

口腔

・咀嚼に用いる筋肉 (68am53)

頭頚部の構成(頭側から)

 (68pm53、67pm53、66.4、63.21、62.13)
上咽頭
 鼻の奥でのどの上の方

軟口蓋
 嚥下時の上咽頭への誤飲防止

中咽頭
 口をあけたときに見える場所
 上壁:軟口蓋
 側壁:口蓋扁桃
     扁桃:腺ではなく免疫器官、リンパ器官
 前壁:舌根
 後壁:のどちんこのところ

下咽頭
 食道の入り口         
 左右:梨状陥凹
 喉頭のすぐ背中側:「輪状後部」  

・喉頭蓋:嚥下時の気道への誤飲防止
・声門上部:舌骨+甲状軟骨
・声門部:声帯
・声門下部:輪状軟骨
・甲状腺

気管 

(70pm53、62.9)
・気管支→「気管支」→「細気管支
 →「終末気管支」→「呼吸細気管支
  →「肺胞道」→ 肺胞

・気管
:食道は気管よりも背側に位置する

・気管支
:右気管支が太く短く急傾斜(20度)
 異物が入りやすい
 左気管支が長く細く緩い傾斜(50度)

・肺胞
:総表面積 50~60m2
 肺胞上皮細胞にはⅠ型とⅡ型がある
*右主気管支にのみ中間気管支が存在する

スポンサーリンク

肺 

(71pm93、70pm53)

 

・大きさ
:右肺(1200ml)> 左肺(1000ml)

・右肺
:10区域(右上葉3区域、右中葉2区域、右下葉5区域) 
 奇静脈、上・下大静脈が接する

・左肺
:8区域(左上葉4区域、左下葉4区域)
 食道、大動脈弓が接する

・水平裂(小葉間裂)
:胸部正面像、側面像で描出される

・斜裂(大葉間裂)
:側面像のみで描出される

*舌区
:左上葉S4、S5

・線毛上皮:粉塵を気道から排除  (61.4)
・呼吸中枢:延髄
・調節中枢:橋
・吸気筋:横隔膜、外肋間筋
・肺動脈圧:他の1/8程度の血圧

横隔膜

 (67am52)
・大動脈裂孔
:第12胸椎の椎体前面にあり、下行大動脈と動脈周囲交感神経叢、奇静脈、胸管などが通る

・食道裂孔
:第10胸維の高さで大動脈裂孔の左前上方にあり、食道と、左右の迷走神経が通る

・大静脈孔
:第8胸椎の高さで腱中心にあり、右寄りに位置する。下大静脈が通る

*横隔膜と肺はそれぞれ肺の下葉と中葉で接しており、腹式呼吸で大きく動く

呼吸運動の筋肉

 (70pm52)
「横隔膜」「内肋間筋」「外肋間筋」
「胸鎖乳突筋」「前斜角筋」「中斜角筋」
「後斜角筋」「腹直筋」「内腹斜筋」
「外腹斜筋」「腹横筋」


コメント

error: Content is protected !!