放射線技師としての・・・問題

(71am9271am83、71am25、70am25.pm84、69am25.83.pm84、68am83、67am83、66.68.am49、65am65pm68、64pm68.am49.69、63am49、62.68、61.68)

スポンサーリンク

検査の流れ

・患者確認
:検査前に、自ら名乗ってもらう
 名乗れない場合は患者タグたネームバンドで確認をする

・検査説明
:介護者にも説明

・CTでは該当部位の金属、X線撮影時には+プラスチックなどを外す

・MRでは禁忌チェックを行う

検査実施

:医師の指示に基づいて撮影を行う
 ポジショニングは体表ポイントを参考にする
 病室でのポータブルは対象以外の人は可能な限り移動させる
 外傷部位を触らずにポジショニング、頸椎損傷ネックカラーは外さずに検査
 放射線技師による穿刺、造影剤などの薬剤投与、ゾンデの使用は禁止
 検査中に急変があった場合は医師の指示を受ける
 移動の介助等も行う

感染・清潔操作

 検査前に情報確認する
 感染患者への対応はマスク、手袋、エプロンを着用し、その前後に手指衛生を行う
 空気感染(結核など)患者にはN95マスクを着用
 易感染患者に対しては事前に使用器具物品の消毒
 清潔野には素手で触らない
 感染患者の検査はなるべく最後にし、感染患者に使用した物品は感染性廃棄物へ
 ノロウィルスにはアルコールはあまり効果がないので塩素系の消毒剤が推奨

その他

・被ばくの最適化

・インシデント報告:再発防止のため、部署内での情報共有を行う

・読影(診断)の権限はない

・病名や患者情報の漏洩に注意する

・保守点検の実施や立ち合いを行う

コメント

error: Content is protected !!