椎体、顔面、頭部の単純撮影法

スポンサーリンク

頸椎撮影

・頸椎 正面撮影

 (66.82、65.71)
 3~7頸椎と椎間の形状観察、ルシュカ関節
・体位
:下顎骨と後頭結節が重なり合うように顎を上げる

・中心線
:X線は水平から尾頭方向へ10~15°射入させる

・頸椎 開口撮影

 (65.71)
 環椎-軸椎の観察
・体位
:上顎の前歯と後頭結節を結ぶ線をフィルムに垂直にする

・頚椎 側面撮影(中間位、前・後屈位)

 (65.71)
 1~7頸椎と椎間の形状観察、機能撮影
 後縦靭帯骨化症や圧迫骨折、アライメント(椎体配置)の観察

・頚椎 斜位撮影

  (65.71、63.74、61.82)
 椎間孔、ルシュカ関節などの観察
・体位
:非検側をフィルムに対して前額面を50°斜位、軽度上方を向かせる。

・中心線
尾頭方向に10°で斜入

胸椎撮影

・上位胸椎側面撮影(スイマー法)
:椎体骨と椎間の形状観察

腰椎・仙椎・尾骨撮影

 (61.74、60.72)
 基本的に呼気撮影
 中心は腸骨稜上縁(第三腰椎)
 カセッテに対して垂直に入射

*生殖器の防護
:男は可能、女は仙骨が見えなくなるため不可

・腰椎 正面撮影

 第12胸椎から腰仙椎移行部が投影されて、腰筋線および仙腸関節が投影されていること
・体位
軽くひざを屈曲(湾曲と体動の安定性のため)

・腰椎 斜位撮影

 (67pm85)
 椎体に椎弓根、椎間関節、上下関節突起間部、ドッグライン(スコッチテリア像)が観察できる
・体位
:非検側をカセッテ面から離す方向に前額面45°上げる

・腰椎 側面後屈撮影

 屈曲することによる椎体の不安定性などの観察(機能撮影法)

・仙椎 正面撮影

・体位・中心線
: 下肢伸展:男性15°、女性25°(尾頭方向)   
 下肢屈曲:男性5°、女性15°(尾頭方向)

・尾骨 正面撮影

・中心線
:垂直より頭尾方向20°斜入

スポンサーリンク

頭部・顔面撮影

・頭蓋骨正面撮影法

 眼窩内に錘体上縁や内耳道を描出
 その他、顔面骨、中耳、副鼻腔、ラムダ縫合など

・頭蓋骨側面撮影法

 トルコ鞍、蝶形骨洞、後頭環椎接合部などを描出
・中心点
トルコ鞍部

・頭蓋骨軸位(頭蓋底)撮影法

 卵円孔、棘孔、破裂孔を描出
・中心線
:両側外耳孔を結ぶ線に、頭尾方向に10°斜入

・タウン法(頭蓋骨半軸位撮影法)

 後頭骨、トルコ鞍、錐体、大後頭骨、顎関節を描出
・中心線
:両側外耳孔を結ぶ線に、頭尾方向に30~40°斜入

・シューラー法(70pm86)

 平衡聴器、外耳道と内耳道(重なる)、顎関節、乳突蜂巣を描出し、頭部の側面像となる
・中心線
:頭尾方向に25°斜入

・ステンバース法

(69pm86、66.73)
 平衡聴器(骨半規管)、顎関節、内耳道、耳小骨、錘体を描出
・体位
:正中矢状面を検側へ45°傾斜し、顎を引いて12°頭側へ傾ける

・コールドウェル法

 副鼻腔(前頭洞、し骨洞、蝶形骨洞)、正円孔を描出
・中心線
:頭尾方向に20°入射

・ウォータース法

 (63.83、62.72、61.70、60.69)
 副鼻腔(前頭洞、特に上顎洞)、正円孔を描出

・レーゼ・ゴールウィン法(戸塚法)

視神経管を眼窩内に描出する

・ゾンネンカルプ法

聴器や錐体、乳様突起

・マイヤー法

:耳鼻科領域

・顔面骨 頬骨弓軸位撮影

 (70am91)

コメント

error: Content is protected !!