神経系 臨床病理

スポンサーリンク

脳梗塞

・ある脳血管に狭窄・閉塞が起こり、その血管の支配領域における虚血の結果として現れる疾患
・脳梗塞の原因となった閉塞血管を、責任血管という
・脳梗塞は、個々の責任血管の支配領域に一致して発生する

頭蓋内血種

 (69pm62)
・硬膜外血種
頭部外傷骨折により起こりやすい
 凸レンズ状血種として描出される

・硬膜下血腫

・脳内血種

頭蓋内出血

・硬膜下出血(63pm85、61pm84) 

・くも膜下出血
 原因:「脳動脈瘤の破裂(全体の60%)
 (66.23、64.23)
     
(66pm87、64pm87)                          

・脳室内出血

・脳実質内出血(65.22、61.30)
 CTでは出血巣脳実質よりも高い吸収域となる  
 原因:「高血圧」
 高血圧性脳出血の好発部位
 :被殻(40%)、視床(30%)、皮質下(10%)、小脳(10%)、脳幹(10%)

若年性認知症

:65才までに発症した認知症 (67pm64、63.30)
 「脳血管性認知症」「アルツハイマー病

・症状
妄想、記憶障害、異常行動、見当識障害

脳死の判定

 (62.27)
昏睡眠
両側瞳孔経4mm以上、瞳孔固定
脳幹反射の消失
平坦脳波
自発的呼吸の消失

中耳炎

 (60.22)
:悪化すると脳膿瘍を生じる可能性がある

頭蓋内圧亢進

・症状
:「頭痛」「嘔気
 「血圧上昇」「うっ血乳頭

コメント

error: Content is protected !!