腫瘍治療概論 

スポンサーリンク

腫瘍治療概論

 (60.78) 

治療可能比(TR)

 TR=腫瘍組織の障害/正常組織の障害
  =正常組織の耐容線量(TD)/腫瘍制御線量(TCD) 
 治療可能比が1以上ならば治療可能
 線量の集中性を高めることで正常組織にはTD以下, がん組織にはTCD以上を与えることができる可能性もある

・腫瘍制御量(TCD)に影響する因子
組織型と腫瘍体積(細胞数)

・正常組織耐用線量(TD)
:TCD同様に組織の種類大きさに依存する。
 通常TD5/5の値を用いる

放射線治療の障害

 → リスク臓器
・早期反応:「粘膜」「皮膚」「腸管」「骨髄
・晩期反応:「脊髄」「中枢神経」「肝臓

放射線治療に対する臓器の反応

 (71pm44、68pm44、66.88)
・並列臓器:「」「肝臓」「腎臓
    → 照射される体積が重要になる
・直列臓器:「心臓」「脊髄」「肺門部」「肝門部」「腸管」
    → 照射される最大線量が重要になる

放射線治療の禁忌

:「妊婦」(68am36)

局所制御率・奏効率

 (61.70) 
 下記のPR以上に効果があった割合
・完全奏効CR
すべての病変が消失

・部分奏効PR
標的病変の最長径の和が30%以上減少

・安定SD
:PRよりは腫瘍の縮小がなくPDよりは腫瘍の増大が不十分

・進行PD
治療開始以降に記録された最長径の和と比較して標的病変が20%以上増加

・奏効率=(CR+PR)/全対象

・EBM

:根拠に基づいた医療のこと
  レベルⅠ~Ⅴまである

腫瘍ごとの治療線量まとめ

 *特に記述がない場合3D-CRTの線量とする
 (70am44、68pm40)
★前立腺がん
:3D-CRTで70Gy/35回、
 IMRTで7478Gy/3739

★乳房
4550Gy/2528
 (ブースト照射有で+10 Gy/5 回)
 (加速乳房部分照射では42.5 Gy/16 回)

・喉頭がん、咽頭がん
:60~70Gy/30~35回

・食道癌
:60~70Gy/30~35回

・小細胞肺癌加速過分割照射法
:45Gy/30 回/3週
(不可能な場合は通常分割照射法50〜60Gy/25〜30 回/5〜6週)

・非小細胞肺癌
:60 Gy/30 回/6 週以上の線量

・ホジキンリンパ腫
:30~40Gy/15~20回

・膠芽腫
:60Gy/30回

・転移性骨腫瘍
:8Gy/1回 または 20Gy/5回

・転移性脳腫瘍
:全脳照射は30Gy/10回、37.5Gy/15回

・予防的全脳照射
:25 Gy/10 回

主な予後因子

 (71am35、70am35、67pm35、65.70、62.69)

・TNM分類:病期分類

  T因子 N因子 M因子 
ステージⅠ 1 0 0
ステージⅡ 2 0 0
ステージⅢa 3 0 0
ステージⅢb 1~3 1 0
ステージⅣa  4 0~2 0
ステージⅣb 1~4 0~2 1

・T因子(0~4):原発腫瘍の広がり+大きさ
・N因子(0~3):所属リンパ節転移の有無と広がり、触知
・M因子(0、1):遠隔転移の有無
・r:一定の無病期間後に出現した再発腫瘍を表す
・p:術後病理組織学的分類を表す

*一度決定されると変更はされない
*疑わしい時には低い分類にする

*TNM分類以外の病期分類がよく使用される腫瘍 (68pm35)
 「脳腫瘍:」
 「前立腺癌:Gleason score
 「悪性リンパ腫:Ann Arbor分類」
 「多発性骨髄腫」
 「子宮頸がん:FIGO分類」

・病理組織分類

 (65.71)
 悪性度:高分化ほど高く、低分化ほど低い

・PS(performance status)

:身体の状況を表す (71am36、66.72、60.69)

ECOG/WHO のPS 状態  KarnofskyのPS
0 全く問題なく活動できる. 発病前と同じ日常生活が制限なく行える  100%
1 肉体的に激しい活動は制限されるが, 歩行可能で,軽作業や座っての作業は行うことが出来る  80-90%
2 歩行可能で自分の身の回りのことは全て可能だが作業は出来ない. 日中の50%以上ベッド外ですごす  60-70%
3 限られた自分の身の回りのことしかできない.日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす  40-50%
4 全く動けない.自分の身の回りのことは全く出来ない. 完全にベッドか椅子で過ごす  10-30%

 

コメント

error: Content is protected !!