第69回 午前 001~010

午前 問1
核医学で使用されているRIの製造方法を問う問題
68回~60回での類似問題として
第62回 問2 
第65回 問4 原子炉生成核種
第66回 問3 ミルキング
第68回 午後 問2 原子炉生成核種
がある
サイクロトロン製造の核種に関する問いは放射化学の領域では初めて
 → 内用療法 / 核医学で使用されるRI 

午前 問2
RIの化学分離に関する問題
第68回~60回での類似問題として
第60回 問5 
第61回 問4 
第62回 問4
第63回 問5
第64回 問5
第65回 問7
第66回 問4
第67回 午前 問4
第68回 午前 問3
と毎年出題されているため、必須問題である
 → RIの分離と保存

午前 問3
クロマトグラフィに関する問題
第68回~60回での類似問題として
第66回 問5
のみでクロマトグラフィのみに焦点を絞った問題が出題されている
 → RIの分離と保存

午前 問4
トリチウムの標識方法に関する問題
第68回~60回での類似問題として
第61回 問5 ヨウ素標識
第63回 問6 トリチウム標識
第64回 問6 
第67回 午後 問3
がある
 → 放射化学分析 / 標識合成 

午前 問5
X線発生管の焦点に関する問題
ブルーミング効果が問題の焦点となったのは初めて
ブルーミング効果とは問題の通り、管電流の大きさによって焦点寸法が変化する現象
管電流が大きくなると、焦点寸法は大きくなる。
ヒール効果と紛らわしいので注意
 → X線源発生装置/照射野限定器  





午前 問6
インバータ式のX線高電圧装置に関する問題
第68回~60回での類似問題として
第64回 問14
で同類の図形を用いた問題が出題されている。
管電流時間積が同一で、管電流が大きくなるので、時間が小さくなる。
管電流が大きくなったため、管電圧立下り時間が短くなる。
図は縦軸が管電圧、横軸が時間であり、消去法として答えは(エ)の4番が残る。
 → X線高電圧装置 

午前 問7
自動露出制御に関する問題
第68回~60回での類似問題として
第61回 問12
第62回 問11
第68回 午後 問7
がある。
 → AEC / グリッド   

午前 問8
蛍光体Gd2O2Sに絞った問題
第68回~60回での類似問題として
第60回 問20
第63回 問12
第66回 問16
で蛍光体に関する出題がなされている。
 → CTの基礎

午前 問9
ビームピッチに関する問題
第68回~60回での類似問題として
第65回 問19
がある。
 → CTの基礎

午前 問10
CT値に関する問題
第64回 問19
がある。
 → CTの基礎




コメント

error: Content is protected !!