第69回 午前 061~070

午前 問61
小児特有の腫瘍に関する問題
68回~60回での類似問題として
第66回 問25
で同様の問題が出題されている
正答は髄芽腫であるが、他にも
白血病やウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、神経芽細胞腫、網膜芽細胞腫などがある。

 → 腫瘍学 小児腫瘍 / リンパ腫 / 頭頚部

午前 問62
白内障に関する問題
68回~60回での類似問題として
ひとつ前の問題同様に白内障にここまで絞った問題は初出題
今までは白内障については放射線が原因になりうること、加齢や糖尿病などの全身疾患に合併することぐらいを知っていればよかった
薬物治療で改善することはないのはなんとなくわかるが、
明確な根拠なく正解するパターン

 → 感染症・臨床病理

午前 問63
染色体異常による疾患に関する問題
68回~60回での類似問題として
第63回 問22 常染色体異常に起因する疾患
で出題されている
クッシング症候群はホルモン異常
シューグレン症候群は自己免疫疾患
ネフローゼ症候群は腎性と全身性のものがある

 → 感染症・臨床病理

午前 問64
ワクチンが用いられている疾患を問う問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問26
で同様の問題が出題されている
紛らわしいのが、B型肝炎にはワクチンは用いられるが、C型肝炎ではなことに注意

 → 感染症・臨床病理

午前 問65
ここから放射線生物学の問題
アポ
トーシスに関する問題
68回~60回での類似問題として
アポトーシスを起こした細胞で生じる現象をここまで詳しく問うたのは初出
しかしアポトーシスという単語は毎年のように登場しているため、把握しておく必要はあるだろう
ネクローシスとの対比も重要か

放射線生物学 → その1







午前 問66
放射線障害の閾値に関する問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問35 全身急性被ばくの放射線障害の閾値
第67回 午前 問66 
全身急性被ばくの放射線障害の閾値
で出題されている
組織だけでなく、そこで指定されている疾患もしっかりと確認を

放射線生物学 → その3

午前 問67
一つ前の問題に近い、全身被ばくに関する問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問35 全身急性被ばくの放射線障害の閾値
第67回 午前 問66 
全身急性被ばくの放射線障害の閾値
で出題されている
致死量の放射線を浴びた場合を問うている

放射線生物学 → その3

午前 問68
LETに関する問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問39 
第61回 問39
第62回 問40
第65回 問40
第66回 問40
第67回 午前 問64
第68回 午後 問69
という感じで、ほぼ毎年出題されている重要ポイント
しっかりと理解できるようにしたほうが良いかと
特にRBEやOERなど他の指標と絡めて

放射線生物学 → その1

午前 問69
温熱療法に関する問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問40 
で同様の問題が出題されている
過去問をやっていれば問題ない

放射線生物学 → その2 

午前 問70
ここから放射線物理学の出題範囲
運動エネルギーに関する問題
68回~60回での類似問題として
第62回 問41
で同様の問題が出題されている

 → 基本的な物理式と定数と単位






コメント