第69回 午後 21~30

午後 問21
午後 問22
午後 問23
MR画像から解剖を問う問題
問21が心臓 axi(ちょいむず?)
問22が上腹部 axi(簡単)
問23が頭部 sag(簡単)
68回~60回での類似問題として
第60回 問41 頭部 axi
第61回 問31 膝関節 sag
第62回 問48 脳 sag
第64回 問45 下腹部(女性) sag
第65回 問43 頸部 sag
第66回 問41 頭部 axi
    問42 頸部 sag
    問43 肩関節 obl
    問44 膝関節 col+sag
    問45 頭部 axi
    問46 下腹部(女性) sag
第67回 午前 問21 脳室 axi
    午後 問20 上腹部 axi
       問21 頭部 col 
       問22 頭部 axi
第68回 午前 問22 眼球に関する神経、筋肉 axi+col
    午後 問21 頭部 col
       問22 脊椎 sag
といったふうに、第66回から出題数が跳ね上がっているので、
結構重要問題
MRIは撮像方法によってコントラストが変わるので各撮像法のコントラストも知っておく必要がある

 → MRIの基本的なパラメータやコントラスト

午後 問24
超音波の画像に関する問題
この問題では右側腹部走査による肝臓と腎臓が出題された
68回~60回での類似問題として
第60回 問46 右側腹部走査 本問題とほぼ同じ断面
第63回 問48 上腹部縦走査 
第64回 問38 右肋骨弓下走査
    問46 右側腹部走査
    問47 胆のう
    問48 上腹部
第65回 問44 乳腺結節
    問46 膵臓
第66回 問48 右側腹部走査
第67回 午前 問23 右腎
       問24 下腹部(男性)
    午後 問23 胆のう
       問24 頸部
第68回 午前 問20 胆のう
    午後 問19 心臓(四腔断面)
    午後 問24 右季肋部斜走査
が出題されている
今回出題されたのは過去に何度も出ている箇所なので簡単
MRもそうですが、アーチファクトと一緒に出題されることも多いので注意

 → アーチファクト/検査法/安全管理 

午後 問25
ここから核医学検査学の出題範囲
ガンマカメラに最も適したRIを問う問題
出題されているのはすべてシングルフォトンの核種なので、全てが適してはいる
すべての核種は実際に臨床でガンマカメラを用いた検査に使用されている
RIの製造や標識等を考えたうえで、Tc-99mが正答なのはわかるが、少々良くない問題かと思う
I-123が選択肢に入っていたら解けないと考える
こういった、ふわっとした問題やめてほしい

 → 内用療法 / 核医学で使用されるRI 



午後 問26
FDGの正常集積を問う問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問68
第66回 問66
で画像問題として出題されている
FDGは糖類似体なので、正常組織にかなりの集積をみせるため、正常組織への集積を把握しておかないと
異常集積を判断できない

 → 骨 / 腫瘍 / 炎症シンチ 

午後 問27
散乱線補正に関する問題
今回出題されたのはエネルギー弁別による補正法であるTEW法
68回~60回での類似問題として
ここまで詳しく散乱線補正について問われたのは初
しかし、選択肢に一部としてTEW法は何度も登場していたので、問われてもおかしくはない問題
三つのエネルギーウィンドウを設定して、エネルギーが違うものを取り除くので、
2と5の選択肢が正答

 → 定量性改善法 / 画像工学   

午後 問28
SPECTのアーチファクトに関する問題
68回~60回での類似問題として
第64回 問56 リングアーチファクト
第66回 問57 リングアーチファクト
第67回 午後 問26 
でアーチファクトについて問われている
他のモダリティに比べるとアーチファクトに関する出題は少なめかと

 → アーチファクト / 再構成法

午後 問29
撮像時間に関する問題
68回~60回での類似問題として
各薬剤の選択肢の一部として出題されていることが多い
過去に登場したものの撮像開始時間、撮像時間は把握したい
下記のページの下部にまとめた表があります

 → 内用療法 / 核医学で使用されるRI 

午後 問30
ナイキスト周波数に関する問題
68回~60回での類似問題として
第64回 問60
でまったく同じ問題が出題されている
問題文もほぼ同じで、選択肢に至っては完全に同じ
コピペおつ

 → 定量性改善法 / 画像工学




コメント

error: Content is protected !!