第69回 午後 71~80

午後 問71
X線の波動性を示す現象を答える問題
68回~60回での類似問題として
波動性や粒子性だの言われたのは初かもしれません
主任者試験には出てきたりします
なので過去問だけやってる場合や、主任者試験を受けてない場合は難問かと
波動性とはつまり、波の性質を表す現象を聞いているので
レイリー散乱とブラッグ反射のような回析したりするような現象のことです
光電効果やコンプトン散乱は粒子としての現象の代表ですね

 → 光子と物質の相互作用   

午後 問72
電子と物質の相互作用に関する問題
68回~60回での類似問題として
第63回 問48
第64回 問47
第67回 午前 問72
で問われている
相互作用に関しては光子、電子、重粒子、中性子の内から2~3問ずつくらい問われているので
しっかりと理解したい
この問では阻止能に関して多く問われており、式さえ覚えていれば楽勝

 → 荷電粒子と物質の相互作用

午後 問73
中性子の反跳エネルギーに関する問題
68回~60回での類似問題として
第67回 午前 問73
で中性子の遮へい材について問われている
一見関係ない問題にも思えるが、なぜ遮へい材がこれらなのかを知っていれば
この問題もヌルゲーと化す
ビリヤードの理論ですね

 → 中性子と物質の相互作用 / X線の発生

午後 問74
MRIの基礎理論である、横緩和時間に関する問題
68回~60回での類似問題として
MRIの緩和時間の計算が放射線物理学で出題されたのは初めて
というか「放射線」物理学ですから
「磁気」物理学じゃないですから
せめてこういった問題は診療画像機器学とかで出題してほしい
割と無理ゲーな問題
MRI大好きなら解けるかも
logの計算とかできない人でも、横緩和時間の意味さえ知っていればなんとなく解ける
横緩和時間とは横磁化が36.8%まで減衰する時間なので、
100msで50%まで減る時点で、選択肢1~3が消える
あとは自然対数で減衰するグラフを想像すれば、選択肢の288.6は違うのがわかるだろうか

 → MRIの基礎

午後 問75
ここから医用工学の出題範囲
コンデンサ回路についての問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問55
第62回 問53
第66回 問52 
で出題されている
というか第66回 問52のコピペで数字を変えただけなので
ヌルゲーでしかない

 → 直流回路・交流回路



午後 問76
所謂ブリッジ回路からの出題
68回~60回での類似問題として
近年は出題されてはいないものの、有名な問題なので知っておきたい
理論(式一つ)さえ知っていれば解けるので、覚えておきたい

 → 直流回路・交流回路

午後 問77
合成抵抗を問う問題
68回~60回での類似問題として
基礎過ぎて逆に出題されていない
これくらいできて当たり前的な問題

 → 直流回路・交流回路

午後 問78
半導体に関する問題
68回~60回での類似問題として
第60回 問56
第65回 問56 (導体に関して)
第66回 問56
第67回 午前 問77 (半導体ダイオードに関して)
第68回 午前 問77 
で出題されている割と頻出問題
しかも正統が3つもあるボーナスステージ
これはヌルゲー

 → 半導体

午後 問79
ここからは放射線計測学の出題範囲
カーマに関する問題
68回~60回での類似問題として
第61回 問58 (空気衝突カーマ)
第64回 問59 
第65回 問65 
で出題されている
第65回 問65のコピペです
ヌルゲー
照射線量や吸収線量などと紛らわしいのでしっかり区別して理解したい

 → 放射線基本量等の単位と定義    

午後 問80
放射線検出器に関する問題
68回~60回での類似問題として
第61回 問61
第62回 問62
第63回 問64
第65回 問63
第66回 問64
第67回 午前 問82
で出題されている、多数の検出器の特性を問う問題
例年の中では簡単な部類かと思います

 → 気体を利用する検出器
 → 発光 / 半導体検出器を利用する検出器
  → 中性子 / α線 / その他の検出器


コメント

error: Content is protected !!