対策ノートの人

Ⅷ.放射線生物学

物理的・化学的レベルの影響

反応過程の時間的スケールまとめ  (68pm65、66.31、65.31、62.33) ・物理的過程  10-19~10-13秒  照射~電離・励起~ ・化学的過程  10-12~10-4秒  ~ラジカル生成・反応~ ・OH(ヒドロキシラジカル)が間接作用で主な作用を示す (他には・Hなど) ・生化学的過程  10-3~10-1秒   ~DNAの損傷~ ・生物学的過程  100~秒   ~DNAの修復~ ブラッグピークのある放射線  (64.71、63.80)  「陽子線」「α線」「重イオン線」  → 優れた線量分布の治療計画を行える LET(Linear Energy Transfer)線エネルギー付与 (71pm68、70am65.am69、69am68、68pm69、67am64、65.40、62.32.40、61.39、60.31) :放射縁が媒体中を通過する際に媒質に与える単位長さあたりのエネルギー  放射線の線質の違いを表す指標として用いられる ・低LET放射線 :「X・γ線」「β線」「電子線」「陽子線」   間接作用...
Ⅷ.放射線生物学

細胞の感受性 / DNAの反応

ベルゴリー・トリボンドーの法則 (71am66、70pm65、69pm67、68am68、67am65、62.35) ・放射性感受性が高い細胞の特徴  分裂活発な(細胞周期の短い)細胞  将来長期にわたり細胞分裂を継続する細胞  未分化な細胞 *高感受性の細胞はアポトーシスを起こしやすい 幹細胞  (62.37)  分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力を持ち、際限なく増殖できる細胞  → 高感受性 細胞周期による感受性の変化  (71pm66、69pm68、68am52.am65、66.39、64.3、63.39、62.39、61.31) ・M期:分裂期 ・G期:間期 ・S期:合成期 *最高感度はM期の最初 *1細胞当たりのDNA量はG2期にかけて増え、M期で半分になる ・分裂遅延 :分裂を行っている細胞群に対して放射線が当たると最も早期に起こる  照射線量に比例して、G2期が長くなり、10Gyまでは1Gy当たり1時間遅れる ・G0期 :非常に長いG1期初期とも考えられ、正常細胞にも腫瘍細胞にもある ・細...
Ⅷ.放射線生物学

細胞の回復と死 / 生存率曲線

細胞の回復 ・亜致死損傷回復(SLD回復、Elkind回復)  (70am69、69am68、65.38)  1回の照射で死に至らなかった細胞の回復は  低LET放射線で多く、線量率効果がある  高LET放射線はほぼない、線量率効果はぼない  12時間程度で回復 *線量率効果 :低線量率の方が回復量は多いという効果 ・潜在的致死損傷回復(PLD回復)  (63.40)  照射後の環境条件によって生存率の上昇が見られる回復  低栄養、低酸素、低pH、接触増殖阻害、定常増殖などの細胞を増殖抑制の起こる環境で発生  反対に通常修復されるPLDが修復されずに致死損傷として固定される場は高・低調液、カフェイン、βアラビノフラノシルアデニン、ヒドロキシウレア、ある種の抗がん剤などがある  1時間以内で回復するものと2~6時間で完了するものがある ・逆線量率効果  一部の細胞では特定の線量率(5mGy/min)でGブロックにより致死効果が上がる 細胞死 ・分裂死 :増殖死ともいわれ、数回分裂して死に至る  無限の増殖能を失った状態  巨細胞を生じる 「...
Ⅷ.放射線生物学

人体レベルの影響

放射線の影響の分類  (69pm66、64.35) 影響 閾値 線量依存性 防護目標 例 発生率 重篤度 確定的影響 有 有 有 防止 下記以外 確率的影響 無 有 無 防護 発がんと遺伝的影響 (遺伝子突然変異・染色体異常) 確定的影響 (63.37、62pm94)  発生率は線量に依存する  重症度は線量に依存する  閾値は存在する 確率的影響  (71am69、64.36、63.93)  発生率は線量に依存する  重症度は線量に依存しない  閾値は存在しない ・がん  (67pm68、64.34、61.38、60.36)  原爆被爆者で、発がんの増加が確認されている  白血病はLQモデル、他の固形がんはLモデルに適合 ・潜伏期 :白血病では最小2年、ピークは6~7年  他の固形がんでは最小10年 ・リスク :白血病は絶対リスク予測モデル(線量に比例)  → 年齢にかかわらず一定    他の固形がんは相対リスク予測モデル  ...
Ⅷ.放射線生物学

耐用線量・閾値 / 血球・胎児・腫瘍の被ばく / 被ばくの統計

耐用線量 (リスク臓器)  (71am42、70am43、69am66、67pm41、66.82、64.37、63.84.33、62.84、62.85.62、61.34) TD5/5 判定基準 体積 1/3 2/3 3/3 ★骨 大腿骨 - 52Gy 壊死 下顎骨 65Gy 60Gy 開口障害 肋骨 50Gy - 病的骨折 皮膚 100cm3 50Gy 毛細血管拡張 70Gy 60Gy 55Gy 壊死、潰瘍 脳神経 脳 60Gy 50Gy 45Gy 壊死、潰瘍 脳幹 60Gy 53Gy 50Gy ...
Ⅶ.基礎医学大要

神経系 正常解剖

中枢神経系 (71am63) ・脳(前脳[大脳+間脳]+脳幹)+脊髄 *脳:大人の脳の重量は約1300g(62.4) 大脳半球の区分 (69pm55、67pm21.22、66.41、62.3.48) ・前頭葉  運動に関する中枢  人格にかかわる領域 ・頭頂葉  体性感覚中枢  視覚性言語中枢  知覚中枢 ・側頭葉  聴覚中枢  感覚性言語中枢  嗅覚中枢  味覚中枢 ・後頭葉  視覚中枢 ・島  外側溝の深部  島を覆う各葉を弁蓋という ・辺縁葉 ・中心溝(ローランド裂) (61.15)  前頭葉と頭頂葉の境界 ・外側溝(シルビウス溝)  前頭葉と側頭葉の境界 大脳基底核  (64.11、60.12.pm82) ・構成 :「線条体(尾状核・被殻) 」  「レンズ核(淡蒼球・被殻) 」 ・役割 :随意運動のコントロール  骨格筋の緊張度の調節  円滑な運動の遂行 ・傷害時の疾患 :ハンチントン舞踏病  パーキンソン病 脳幹 :中脳・橋・延髄をまとめた名称 ・中脳 :対光反射...
Ⅶ.基礎医学大要

神経系 臨床病理

脳梗塞 ・ある脳血管に狭窄・閉塞が起こり、その血管の支配領域における虚血の結果として現れる疾患 ・脳梗塞の原因となった閉塞血管を、責任血管という ・脳梗塞は、個々の責任血管の支配領域に一致して発生する 頭蓋内血種  (69pm62) ・硬膜外血種 :頭部外傷骨折により起こりやすい  凸レンズ状血種として描出される ・硬膜下血腫 ・脳内血種 頭蓋内出血 ・硬膜下出血(63pm85、61pm84)  ・くも膜下出血  原因:「脳動脈瘤の破裂(全体の60%)」  (66.23、64.23)       (66pm87、64pm87)                           ・脳室内出血 ・脳実質内出血(65.22、61.30)  CTでは出血巣脳実質よりも高い吸収域となる    原因:「高血圧」  高血圧性脳出血の好発部位  :被殻(40%)、視床(30%)、皮質下(10%)、小脳(10%)、脳幹(10%) 若年性認知症 :65才までに発症した認知症 (67pm64、63.30)  「脳血管性認知症」「アルツ...
Ⅶ.基礎医学大要

骨格系正常解剖

頭蓋骨  (71am56、69am53、60.3) 眼窩  (70am52) ・構成 「前頭骨」「頬骨」「篩骨」 「蝶形骨」「涙骨」 「上顎骨」「口蓋骨」 副鼻腔  (71pm91、65pm79、60.5、61.81) ・構成 「前頭洞」「し骨洞」 「上顎洞」「蝶形骨洞」  脊椎  (70pm22、68pm90、67am90、66.42、63.4、60.4) ○頸椎(第一、二頸椎) ・横突孔には椎骨動脈と椎骨静脈が通る ・第1頸椎(環椎)  :椎体と棘突起を欠き,輪状形態をなす   上関節窩は後頭骨の後頭窩と関節をなし, うなずき運動に働く ・第2頸椎(軸椎) :歯突起を特徴とする  火葬の際にノドボトケとしてあつかわれる  歯突起を軸として頭蓋を回旋する ○頸椎(第三~七頸椎) ・椎体が小さい ・横突孔には椎骨動脈と椎骨静脈が通る ・第5頚椎 :喉頭隆起がある ・第7頸椎 :頸を前方へ屈曲したとき,棘突起が皮膚の上から触る  隆椎という ○胸椎 ・第3胸椎 :「胸骨角」 ...
Ⅶ.基礎医学大要

骨格系 臨床病理

骨粗鬆症  (65.17、60.29) ・骨を構成している有機物(骨基質)と無機物(骨塩)の絶対量が減少する疾患 ・男:女=3:7 ・分類 1.原発性  a.「老人性」:加齢によるもの  b.「閉経後」:閉経後の女性ホルモンの減少  c.「若年性」 2.続発性  a.遺伝因子  「家族歴」「体格」:痩せ型や小型におおい    b.ライフスタイル  「偏食」「カルシウム不足」  「運動不足」「日照不足」  「寝たきり」「過度の喫煙」  「飲酒」「ストレス」    c.疾患に起因  「卵巣摘出」「胃腸切除」  「内分泌障害」 (「性機能低下症」「副・甲状腺機能亢進症」「クッシング症候群」「糖尿病」)  「腎不全」「副腎皮質ステロイド剤の長期投与」「先天性疾患」 骨軟化症  骨量は健常人と同じであるが、有機物(骨基質)が増えた状態 骨折 ・眼窩吹き抜け骨折 (69am60、68am59、67pm62)  頻度:「上顎洞」>「篩骨洞」  症状:複眼、鼻出血、眼窩気腫、視力障碍 ・椎体の圧迫骨折:腰椎が多い ...
Ⅶ.基礎医学大要

循環器系 正常解剖

脳血管 (70am23、69am23、69pm20、67am89、66.40、65.39、64.44、62.83、61.32、60.81)   ・Willis動脈輪(大脳動脈輪)  脳底部の動脈の吻合による輪状構造  視神経交叉・下垂体・乳頭体を取り囲み、外観はほぼ五角形である ・構成 :「内頚動脈」「前大脳動脈」  「前交通動脈」  「後大脳動脈」「後交通動脈」  「(中大脳動脈)」「(脳底動脈)」 ・この動脈輪を形成する動脈の分岐部は、壁が弱いため動脈瘤をつくりやすく、クモ膜下出血をきたしやすい 総頸動脈 (70am61、69pm54、65.80) =内頸動脈(眼動脈+前大脳動脈+中大脳動脈+後交通動脈)  + 外頸動脈  椎骨動脈 (68am54) = 硬膜動脈 + 前後脊髄動脈  + 後下小脳動脈 + 脳底動脈 (左右の前下小脳動脈+上小脳動脈+後大脳動脈) 脳幹の栄養血管 :脳底動脈 (60.21) 頸部動脈 (66.47、62.11) (68pm93、67am91) 心臓  (71am21、69pm21、...
スポンサーリンク