上部消化管造影検査

スポンサーリンク

胃の造影検査(上部消化管造影)

 (64.80、62.79、60.76) 
蠕動運動と胃液分泌の抑制のため鎮痙攣剤(抗コリン薬:副交感神経遮断のため)を筋肉注射する
 胃泡には消泡剤を使用する

・体位変換の目的
:「胃粘液の除去
 「造影剤付着の向上
 「造影剤を広く薄く広げる

・撮影後処置
:「水分を多量に取らせる

・胃の解剖学的構造

*ポイント
 上部が背側方向、下部が腹側方向に傾いている
 胃角部で下端となる

・二重造影法

 (71am89、70pm89)
 発泡剤(陰性造影剤)により胃壁を進展させ、胃小区を描出する方法

↑ 腹臥位正面(65.81)
  :前庭部・胃角部の前壁 


↑ Schatzki位(半立位第二斜位)(71am89.69pm89)
 :噴門部・穹窿部


↑ 左半立位像 (63.84)

[ad]
・背臥位正面
胃角部・前庭部の後壁・幽門部の観察

・背臥位第1斜位
胃体中・下部、胃角部、前庭部、十二指腸球部の観察
 造影剤は穹窿部

・背臥位第2斜位(60.77)
胃体部上部後壁、胃体部、小湾、大湾の観察
 造影剤は穹窿部、前庭部

・腹臥位正面法
胃角部・前庭部の前壁の観察

・腹臥位頭低位第二斜位
:胃上部の描出では半立位
 胃下部の描出では頭低位で撮影

・半立位第二斜位 (Schatzki位)
噴門部・穹窿部の観察

・右側臥位(71am89)
胃噴門部の観察

・充満法

:胃角部(小湾、大湾)(立位)、十二指腸球部の観察(腹臥位)など

・充満法腹臥位正面頭低位
:前庭から胃角部の二重造影になる
       
・充満法腹臥位正面水平位
:十二指腸球部の観察

・充満法立位正面
:胃角部(小湾、大湾)の観察

・粘膜法(レリーフ法)

:粘膜壁凹凸や集中所見を描出
 少量の造影剤を薄く均等に付着させる

・圧迫法

・立位正面
:前壁や後壁の病変描出
 胃角部前壁・後壁
 穹窿部より出口側の部位(穹窿部は無理)における凹凸病変を圧迫して撮影する方法
 隆起性病変や陥凹病変の形態を観察

*進行性胃癌(スキルス)

 (64.85)

*国家試験の解き方

・造影剤の位置による観察箇所の確認
 造影剤が充満しているところは辺縁しか観察できない

・体位の確認
 左手で弧の字を作りながら「腹臥位or背臥位」と「半立位or頭低位」のどれであるかを造影剤の位置椎体の位置から考える

コメント

error: Content is protected !!