造影剤

スポンサーリンク

Ⅰ.ヨード系造影剤 

・構造

(1)イオン性モノマー
:副作用の頻度が多いため、使用が減少
 胆道系、ろう孔の造影に使用

(2)非イオン性モノマー(71am88)
:最も多く使用されている
 脳室・脳槽・脊髄腔の造影にも適する 

(3)イオン性ダイマー  

(4)非イオン性ダイマー

・比較

 (66.75)
 ヨード濃度:高いほどX線吸収率が高い
 浸透圧:イオン性>非イオン性  モノマー>ダイマー
 粘ちょう度:ダイマー>モノマー
 造影効果:ダイマー>モノマー   
★副作用:イオン性>非イオン性

・禁忌

 (71am91、70am87、69am88、66.30、62.69)
・絶対禁忌
:「ヨード過敏症
 「重篤な甲状腺機能亢進症
 「重症筋無力症

・原則禁忌
:「気管支喘息
 「重篤な心・肝・腎疾患をもつ患者
 「急性膵炎
 「マクログロブリン血症
 「多発性骨髄腫
 「褐色細胞腫
 「テタニー病

*使用前に「eGFR」や「クレアチニン値」、「ヨード過敏症の有無」などを確認する

・副作用

(71pm90、64.30、62.78)
 発生率に重篤度はほぼ反比例する

・発生率
 悪心>熱感>蕁麻疹>痒み>嘔吐>発赤>>血圧低下>顔面浮腫>>>呼吸困難、意識低下

・使用方法

 (69am83)
 投与前に36℃程度に加熱しておく

*経口に適応があるのはガストログラフィンのみ

Ⅱ.硫酸バリウム造影剤

・性質

 (63.78)
(1)粘度低く、流動性で、付着性が良い
(2)胃壁や腸壁に薄く均一に付着する
(3)胃粘液による影響が少なく、拡散性が良い
(4)胃酸によって凝集しにくい
(5)気泡ができ
(6)造影能が良い  
(7)飲みやすい
(8)検査後速やかに排泄される

・濃度域・使用量

 (70pm89、68pm87)
・上部消化管
180~250W/V%150~250mL使用する
(200W/V%:100mL中に200gの硫酸バリウムが含まれる)

・下部消化管
60~110W/V% 

・絶対禁忌

消化管に穿孔、急性出血、閉塞がある場合
全身衰弱の強い患者
バリウム過敏症

Ⅲ.抗コリン薬:消化管造影(食道、経口性小腸を除く)

 HSGに用いる (61.77)

・絶対禁忌

:「緑内障
 「心疾患
 「前立腺肥大症
 「麻痺性イレウス
 → グルカゴン製剤を用いる

Ⅳ.造影剤の血管外漏出の検知 

(63.81)
X線、赤外線、高周波(RF)を使う

コメント

error: Content is protected !!