X線源装置 ― 許容負荷 / 照射野限定器 / X線用高電圧ケーブル

○X線発生装置 
├― X線源装置
|  └―― X線管装置 + 照射野限定器

├― X線用高電圧ケーブル

└― X線高電圧装置
   └―― 高電圧発生装置 + X線制御装置

X線源装置

スポンサーリンク

○短時間・長時間許容負荷 

(70am5、68pm5、67am5、65.9、62.10)

・短時間許容負荷

 一般撮影のような大管電流が流れる場合
 → 実焦点面の温度上昇によって制限

 短時間許容負荷増大の条件
1,実焦点面積大きくする
 (固定陽極では面積に比例、回転陽極では長さに比例し幅の1/2乗に比例)

2,ターゲット角度小さくする
 (実効焦点サイズが同じ場合)
 → 実焦点面積が増大

3,管電圧脈動率(リプル百分率)を小さくする
 → 焦点面温度の均一化

4,陽極の回転速度大きくする
 (回転陽極の場合)

5,焦点軌道直径大きくする
 (回転陽極の場合)
 → おのおのの実焦点位置での熱電子衝突時間の短縮

・一秒以下の短時間許容負荷W(オスターカンプの式)
$$W∝\frac { l }{ sinθ } \sqrt { b×DN } ∝\sqrt { DN } \\ $$θ:ターゲット角度(l/sinθは実焦点の長さ)
 l:実効焦点の長さ
 b:実効焦点の幅(実焦点の幅と同じ)
 D:焦点軌道直径
 N:陽極回転速度
  (電源周波数に比例
   普通回転形:約3000回転/分
   三倍高速回転形:約9700回転/分)

・長時間許容負荷 

 (66.9)
 透視のような小管電流が長時間流れる場合
 陽極全体の温度上昇によって制限されるため、最大冷却率によって決まる

・負荷曲線(陽極加熱曲線)

 負荷時間とHUの関係、短時間許容負荷は負荷時間とは関係ない

・X線管装置最大連続入力

 連続的な負荷の限界値、最大熱容量と最大冷却率で決まる

・混合負荷

 (スポット撮影や連続撮影など)

 

・高電圧整流素子
:シリコン
 (内部抵抗が小さい・小型・軽量・長寿命・機械的強度が高い)

・空間電荷補償回路
管電圧が変化しても管電流が一定になるように補償する

スポンサーリンク

照射野限定器(X線可動絞り)


・X線照射野を調整する制限器 (68pm6、64.11)
①照射野の平均照度
:SID1mでSID100lx以上
 ただし、160lx以上が望まれる

②固有濾過
:アルミニウム当量の最小の公称値を可動絞りに表示

③X線照射野と光照射野の境界のずれ
:SIDの2%未満であること

④可動絞りの漏れ線量
:規定の負荷条件において
 1h当たりの積算値が100cmの距離で空気カーマ1.0mGyを超えない

⑤最大X線照射野
:SID65cmのとき35cm×35cmを超えない

⑥最小X線照射野
:SID100cmのとき5cm×5cm以下

⑦上羽根:X線照射野の制限 
 下羽根:散乱線・漏れ線量の低減 
 奥羽根:焦点外X線の低減

⑧付加フィルタ
 総ろ過(2.5mmAl以上)調整用の着脱式フィルタ(Al、Cu)

⑨外装漏れ電流
0.1mA以下

*漏れ線量
:放射口を除くX線管装置およびX線管容器を透過する空気カーマ

X線用高電圧ケーブル

・X線用高電圧ケーブルの静電容量(62.9)
250pF/m
 ケーブルが長いほど静電容量は増加する
 

コメント

error: Content is protected !!