その他放射線照射治療の手法

スポンサーリンク

全身照射法(TBI) 

(70am39、69am41、66.80、63.86、61.35、60.81)
・総線量
4~12Gy/1~6回/1~4日          

・線量率
10cGy/分以下

・目的
:「腫瘍組織の根絶
 「免疫抑制

・適応
:「白血病
 「重症再生不良性貧血
 「重症免疫不全症
 「悪性リンパ腫」

・急性期合併症
間質性肺炎、移植片対宿主病、肝静脈閉塞症

・晩期有害事象
白内障、不妊

分割照射により、総線量の増加と合併症の減少が可能
両眼の水晶体を防護する

・照射方法
:X線を用いて、アクリル板等で表面線量を確保し、体圧の補正も行う
(1)Long SAD法
 :リニアックを横向きにして、部屋の端に患者を寝かせるため、部屋の大きさが問題となる
  厚みの違いをボーラスによって埋め、肺野や眼球部分を保護するよう遮蔽物を置く

(2)ビーム移動法、寝台移動法
 :機械的運動精度が問題となる

全皮膚照射 

(70am40)
・適応
:「菌状息肉腫 (T細胞リンパ腫の一種)」 

電子線を使用する

粒子線治療 

(70pm39、62.79)
 陽子線・炭素線を主に使用する
・RBE 陽子線:1.1
    炭素線:2.5〜3.0

・重粒子線の半影(線源の大きさに依存する)はX線より小さい

・高エネルギーほど深部でブラッグピークを形成し、その幅は広くなる
 ブラッグピークの形成により電子線やX線に比べて線量分布が優れている

・核破砕反応(フラグメンテーション)によりブラッグピーク以降にも線量寄与がある

ホウ素中性子補足療法(BNCT)

 (70pm35、65.39、63.81、60.79)
 あらかじめホウ素化合物静脈内投与し外部から熱中性子(原子炉より発生、またはサイクロトロンから出る陽子線とベリリウムターゲットによる反応から発生)を照射する
 10B(n、α)7Liの反応を利用し、α線は飛程が短いため正常組織の損傷が小さい

・対象
:「悪性度の高い放射線抵抗性腫瘍
 「多発性膠芽腫
 「悪性黒色腫

スポンサーリンク

予防照射

 (62.87、61.82.83)
・適応
:「乳房温存術後の乳腺
 「術後乳癌の領域リンパ節
 「(限局型)小細胞肺癌(全脳照射)
 「白血病(全中枢神経照射)

追加照射 

・Field in Field法
:乳癌や頭頸部癌に対して追加照射を同時に行う方法

緊急(対症)照射 

(70pm43、69am44、69.83、65.84)
・適応
:「脊髄圧迫
 「上大静脈症候群
 「気道狭窄
 「脳転移

緩和(姑息的)照射

(67am36、64.26)
・適応
:「緊急照射の適応
 「転移性骨腫瘍
 「出血
 「食道閉鎖」  

・目的
:腫瘍の根治的治療ではなく、対症療法であり、緩和療法

術前照射

 (71am43、61.84) 
・適応
:「子宮頚癌」「下咽頭癌
 「喉頭癌」「肺癌
 「膀胱癌
 「★食道癌」「★直腸癌

術中照射

(70am40)
・適応
:「脳腫瘍」「胃癌」「膵癌
  「膀胱癌」「前立腺癌」「骨肉腫
 「胆道癌」「直腸癌」「肛門癌

・一般に電子線を利用(骨肉腫にはX線を利用することも)
・照射範囲を直視下で確認できる
・1回大量照射(25~30Gy)

術後照射

・適応
:「喉頭癌」「皮膚癌」「子宮頚癌」
 「子宮癌」「網膜芽細胞腫」「乳癌」
  「甲状腺癌」「脳腫瘍」

・目的
:残存腫瘍への照射、リンパ節予防照射

全脳照射

・適応:「転移性脳腫瘍

全中枢神経照射(全脳脊髄照射) 

 (65.87、60.82)
・適応
:「髄芽種
 「松果体腫瘍(胚芽腫)

・全脳脊髄照射を行う脳腫瘍の特徴
 「小児発生が多い
 「化学療法を併用する
 「脳脊髄液を介する播腫が多い

放射線治療が適応となる良性疾患

 (70am41、68pm43、63.71、61.87)
甲状腺眼症」「ケロイド
脳動静脈奇形」「神経鞘腫(シュワン細胞腫)

コメント

error: Content is protected !!