各部位のMRI検査

スポンサーリンク

MRIの単純CTとの比較

・空間分解能は劣る        
のアーチファクトのない画像が得られる
任意の断層面を撮像できる     
軟部組織のコントラスト分解能が優れる
血管の検出能が優れる       
石灰化やガス体の検出能が低い

MRIの診断能がCTより優れる観察部位

 (65.29、64.30、61.35、60.36.42)
 脳脊髄(アルツハイマー病、急性期脳梗塞)、靭帯椎間板半月板骨盤内臓器(子宮頚癌前立腺癌など)

頭頚部のMRI検査

 (71pm21、68am22)
・診断
:「脳腫瘍」「血管障害」「てんかん
 「アルツハイマー病」「多発性硬化症
 「低酸素脳症などの脱髄性疾患

・顔面(眼窩・顎関節など)は表面コイル、頸部は頭部専用コイルを使う
・脳腫瘍はT2強調画像で高信号となる
・超急性期脳梗塞は拡散強調で良く描出できる
・下垂体後葉はT1信号になる

・脳での信号強度の違い

(71pm21、69am16、69pm18、65.42、64.43)

  T1強調像  T2強調像  (X線CT)
信号強度:強  (脂肪) 脳脊髄液(CSF)  灰白質(GM)
 白質(WM) 灰白質(GM) 白質(WM)
灰白質(GM)  白質(WM)   脳脊髄液(CSF)
信号強度:弱  脳脊髄液(CSF)    (脂肪)
T1強調 T2強調 FLAIR
DWI MRA(造影T1強調) プロトン密度強調

・脳出血の信号強度

 (71am18)

  T1強調像  T2強調像  血液変性
超急性期(直後~6時間後)  等信号 高信号  オキシヘモグロビン
急性期(7時間後~3日) 等信号 低信号 デオキシヘモグロビン
亜急性期(早期)(4~7日)  高信号 低信号 血球内メトヘモグロビン
亜急性期(晩期)(1~4週) 高信号 高信号 血球外メトヘモグロビン
慢性期(1~6ヶ月) 低信号 高信号 メトヘモグロビン分解
陳旧期(6ヶ月~) 低信号 低信号 ヘモデジリン沈着

*くも膜下出血(急性期)はFLAIR画像で高信号を示す
超急性期急性期はCTでは高信号となる

・脳梗塞の信号強度

 (71pm21)

  超急性期(直後~6時間後)  急性期(7時間後~3日)
T1強調像 等信号 低信号
T2強調像 等信号 高信号
拡散強調像 高信号 高信号
スポンサーリンク

心臓のMRI検査

 (71am21、70pm20)
・心電図同期法が基本となり、形態診断にはDark blood turbo spin echo(DBTSE:T1)やSE法を、機能診断にはDBTSE:T2やSTIRや造影検査を用いて、MRcineやTagged cineを使用する

・心臓MRシネ(71am21)

乳房のMRI検査

 (70am20、62.33)
・病変や腫瘤の検出、状態、進展度の描出などに対して行う
・腹臥位にて乳房専用コイルを用いた脂肪抑制のT1、T2強調画像を撮像する
・Gd造影剤を用いた3D高速撮像法やダイナミック検査は腫瘤の診断に対して有用
・造影前後の画像間にてサブトラクションを行うこともある

腹部のMRI検査

・腫瘤,嚢胞,炎症,血管病変の診断や胆管(胆石症)の観察などに対し行われる
・全身コイル,または体幹部に巻き付けるアレイコイル,クヮドラチャーコイルを使用する
・肝細胞癌はT2強調画像で信号となる
 ダイナミック検査によるTl強調画像では動脈相で信号,遅延相で信号となる

・拡散強調画像は癌病変を信号に描出できるため,乳房や縦隔,肺,肝臓,膀胱,前立腺などの部位で使用

MRCP

 (70pm17、68pm16.pm23、66.33、63.32、62.41、60.39)
・MRIによる胆道膵管撮像法で、基本的に造影剤は使用しないが、バックグラウンドを抑えるためにクエン酸アンモニウム塩化マンガン四水和物などを経口的に飲ませることはある
・強いT2強調画像によって液体を描出し、MIPでの表示が有用である

脊髄のMRI検査

 (70pm19、67am16、60.29)
・対象:脊椎、椎間板などの疾患
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、脊椎腫瘍、脊髄空洞症、骨髄腫、脊髄損傷)

・部分フーリエ法にて強いT2強調画像により,造影剤を使用せずに脊髄腔撮像(MRミエログラフィ)ができる

・腹部臓器からのアーチファクト低減のため、サチュレーションパルスを使用する

コメント

error: Content is protected !!