小児腫瘍 / リンパ腫・白血病 / 乳がん / 皮膚がん

スポンサーリンク

小児腫瘍

集学的治療(手術、化学療法、放射線治療)を行う
・小児好発がん (70am58、69am61、68am61、66.25)
白血病
脳腫瘍(神経膠腫、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、胚細胞腫瘍、上衣腫)
神経芽腫
リンパ腫
腎腫瘍(腎芽腫、ウィルムス腫瘍)
骨肉腫

小児白血病

:予防的頭蓋照射、脊髄移植のための全身照射を行う

ウイルムス腫瘍

 (69pm61)
・集学的治療
 手術療法:早期の外科手術
      原発巣とリンパ節の廓清
      進行病期の決定
 
 放射線療法:術後照射
       ただし、晩期に側弯症が起こる可能性がある
 
 化学療法:ACT-D、VCR、ADMなどがある

横紋筋肉腫

・集学的治療
 手術療法:早期の外科手術
      原発巣とリンパ節の廓清
      病期の決定
 放射線治療:術後照射
 化学療法:VAC療法など

神経芽細胞腫

・集学的治療
 完全摘出(+JAMES法(軽い化学療法)のみ)
 不完全摘出(+術後照射+強い化学療法+骨髄移植)

*集学的治療があまり効かないが1歳未満での発症は予後良好

網膜芽細胞腫

悪性リンパ腫

・化学療法が主である

・TNM分類はあまり使用されず、WHO分類を用いる

ホジキンリンパ腫

 化学療法:MOPP、COPP、ABVD
 放射線治療:マントル照射、逆Y照射
 近年は二次発癌の懸念からInvolved Fieldが用いられる

非ホジキンリンパ腫

 化学療法:CHOPが基本、B細胞型の場合R-CHOPなども用いられる

白血病

 (61.20) 
・成人T細胞白血病:ウィルスが発がんに関係する
・免疫力が低下し、日和見感染を起こしやすい (65.13)

スポンサーリンク

乳がん

疫学

・疫学
:男性にも乳がんはあり、予後不良である

・成因
:高齢、遺伝、高齢初産、ピル内服

・区分 (71pm85、70pm87)
 A=内側上方 22% 
 B=内側下方 7%   
 C=外側上方 49%  
 D=外側下方 12%  
 E=乳頭 5%      
 全体に及ぶもの 5%  

・乳腺の量と乳がんの比率は比例

・発生率:乳管>小葉

・罹患率:40代後半がピーク

放射線治療

 (71am44、70pm42、68pm40、67.43、66.71、63.88、62.86、60.84)
・接線対向二門照射
:根治的乳房切除術後/乳房温存手術後
 術後照射は局所再発を予防する(1/3)が、生存率の改善に寄与しない
 左乳房の場合、心臓を照射野からはずす
 切除断片陽性では追加照射(全乳房照射)が必要
 腋下リンパ節、傍胸骨リンパ節は無理に照射範囲に含める必要はない

・ブースト照射
 腫瘍床の総線量を60〜66 Gyとするように電子線、またはX線を用いて照射野を絞って治療する

内分泌療法

:ER又はPgR陽性でTamoxifenが有効

化学療法

:CMF、AF

予後

・急性有害事象
放射線皮膚炎、食道炎(鎖骨上下リンパ節領域へ照射した場合)

・亜急性期有害事象
放射性肺炎

・晩期性有害事象
:皮膚色素沈着・脱失、毛細血管拡張、上肢浮腫、肋骨骨折、心膜炎、腕神経業障害

皮膚がん 

(63.13)
・代表
:基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、乳房外パジェット病

・主な発生要因
:過度の紫外線により、細胞の遺伝子が傷つくこと

 

コメント

error: Content is protected !!