デジタル画像処理

スポンサーリンク

・積分処理

 複数の画像の画素値の総和を計算する処理 
$$g(x,y)=\sum _{ k=1 }^{ n }{ f_{ k }(x,y) } $$

・ボケマスク処理(アンシャープマスク処理)

 (69pm48、66.95、63.94、61.94)
 高周波成分を強調し、エッジ強調をする
 g(x,y)=f(x,y)+k[f(x,y)-fa(x,y)]  
 fa(x,y):原画像の平滑化画像
 k:強調係数

・ダイナミックレンジ圧縮処理

 (67pm45、63.94)
 高濃度や低濃度の領域を圧縮、モニタに表示できる濃度範囲を広げる局所的な階調処理
 g(x,y)=o(x,y)+f(o_u (x,y))    
 Ou (x,y):原画像を平滑化した画像
 f:処理関数

・継時的サブトラクション

 (70am48)
 撮影時間の異なる同一被写体の画像間で引き算を行う処理
・ワ―ピング処理(非線形処理)
:位置ずれの補正に使用

・エネルギーサブトラクション

 同一の被写体を異なる管電圧で撮影し、画像間で引き算を行う処理

空間フィルタ処理

 (68pm47、67am49、66.94、61.93、60.96)

*Sobel filterは畳み込み積分し、エッジ強度とエッジ方向を求めることができる

スポンサーリンク

・二次微分フィルタ(Laplacian filter)

・ラプラシアン‐ガウシアンフィルタ
 二次微分処理であり、ぼかしてノイズを減弱させた画像における大まかなエッジを検出できる(先鋭化)

画像の平滑化

・空間フィルタ処理
(70pm30、68am94、67pm46、64.95)
 荷重平均フィルタ、ガウシアンフィルタ、メディアンフィルタ:エッジ(解像度)を保ちながらスパイクノイズを除去できる

・空間周波数フィルタ処理
 ローパスフィルタ

・ラプラシアンフィルタを用いた鮮鋭化フィルタ

画像の鮮鋭化

ボケマスク処理(アンシャープマスキング処理)   
・鮮鋭化フィルタ            

階調処理

 濃度(輝度)の処理 (68pm48、65.94.95、)

・ダイナミックレンジ圧縮処理

・ウィンドウ処理
画像をモニタに表示する際に用いる階調処理

・LUT
入力画素値出力画素値逆比例する処理(画像の白黒逆転)

・ウインドウイング処理
:画像をモニタに表示する際に階調を調整する処理

・ヒストグラム平坦化処理 
:ヒストグラムにおける各画素値の頻度がどの画素値においても均等になるようにする処理
 全体のコントラストが強調される

コメント

error: Content is protected !!