耐用線量・閾値 / 血球・胎児・腫瘍の被ばく / 被ばくの統計

スポンサーリンク

耐用線量 (リスク臓器)

 (71am42、70am43、69am66、67pm41、66.82、64.37、63.84.33、62.84、62.85.62、61.34)

 

 

TD5/5

判定基準

 

体積

1/3

2/3

3/3

★骨

大腿骨

52Gy

壊死

下顎骨

65Gy

60Gy

開口障害

肋骨

50Gy

病的骨折

皮膚

100cm3

50Gy

毛細血管拡張

 

70Gy

60Gy

55Gy

壊死、潰瘍

脳神経

60Gy

50Gy

45Gy

壊死、潰瘍

脳幹

60Gy

53Gy

50Gy

壊死、潰瘍

★視神経

50Gy

失明

★視交叉

50Gy

失明

★脊髄

-10cm:50Gy

20cm:47Gy

脊髄炎、壊死

馬尾神経

60Gy

神経損傷

腕神経叢

62Gy

61Gy

60Gy

神経損傷

★水晶体

10Gy

白内障

網膜

45Gy

失明

頭頚部

内耳

30Gy

急性漿液性耳炎

外耳

55Gy

慢性漿液性耳炎

★耳下腺

32Gy

口内乾燥症

喉頭

79Gy

70Gy

軟骨壊死

45Gy

喉頭浮腫

胸部

★肺

45Gy

30Gy

17.5Gy

肺炎

心臓

60Gy

45Gy

40Gy

心外膜炎

食道

60Gy

58GY

55Gy

狭窄、穿孔

腹部

60Gy

55Gy

50Gy

潰瘍、穿孔

小腸

50Gy

40Gy

閉塞、穿孔、瘻孔

大腸

55Gy

45Gy

閉塞、穿孔、瘻孔、潰瘍、直腸炎

直腸

60Gy

肝臓

50Gy

35Gy

30Gy

肝不全

腎臓

50Gy

30Gy

23Gy

臨床的腎炎

膀胱

80Gy

65Gy

膀胱萎縮

スポンサーリンク

放射線影響の閾値

(65.83、64.82、69am66、66.37、60.34.35)

組織・臓器名

線量(Gy)

耐容線量 TD5/5(Gy)

詳細・その他

★リンパ球

0.25

 

Bリンパ(骨由来)>Tリンパ(胸腺由来)

★一時不妊(男)

0.15

 

線量率効果なし

精原→第一次精母→第二次精母→精細胞→精子

  (高感度) (高感度)

★永久不妊(男)

3.5~6

5~15(全組織照射)

★一時不妊(女)

0.65~1.5

 

★永久不妊(女)

2.5~6

2~3(全組織照射)

★腎(腎硬化)

 

23(全組織照射)

 

肝(肝障害・腹水)

 

25(全組織照射)

 

小腸(潰瘍・狭窄)

10以上

45(全組織照射)

 

皮膚 脱毛

3

 

必要線量が多い障害ほど潜伏期間が短い

★紅斑・色素沈着

3~6

 

 

★白内障(一回照射)

5

5

 

★白内障(慢性被曝)

8

 

 

★肺(肺炎・肺線維症)

6~8

30(一部)、17(全部)

影響:全肺>部分肺、 放射性肺炎:潜伏期1~3ヶ月

骨 成長阻止(幼児)

  壊死・骨折(成人)

 

10(幼児)(全組織照射)

60(成人)(全組織照射)

 

急性放射線症

1~8

 

前駆期:放射性宿酔や48時間以内に起こる症状

潜伏期(線量増加に伴い短くなる)、発症期、回復期

★骨髄 造血機能低下

0.5

 

 

全身被ばく

 (70am67、69am67、68pm67、67am66、66.33)

  線量(Gy)
耐容線量 TD5/5(Gy) 詳細・その他
★骨髄死 3~5 45(一部)
分割照射で50 
30~60日
LD50/30:半致死線量
★腸管死  5~15    10~20日

線量率効果あり

小腸=十二指腸>大腸>胃>食道
★中枢神経死  15以上 50 1~5日

*TD5/5
:5年間で 5%に副作用を生ずる線量

胎児の放射線影響

(70pm68、68pm96、66.36、65.37、62.38)

胎生期区分(期間)  影響 閾値(Gy)
着床前期(受精~8日) 胚死亡 0.1
★器官形成期(9日~8週) 奇形 0.1
胎児期(8週~25週) 精神発達遅滞 0.2~0.4
胎児期(8週~40週) 発育遅延 0.5~1.0
全期間 発がん・遺伝的影響  成人より高い

血球の被ばく

 (67pm67、65.34)

・赤血球
 最も感受性が低い
 一ヶ月程度で最低値をとる

・白血球
 リンパ球
 → 最も感受性が高い
   1日程度で数が最低まで減少する

 顆粒球
 → 一過性の増加が見られる
   リンパ球の次に感受性が高い

・血小板
 2週間程度で最低値

腫瘍の感受性

 (68am67、67am41、66.38、65.82、64.83.38、63.70)
 感受性が高い
 → 放射線治療の総線量が小さくて済む

スポンサーリンク

・高感受性

 横紋筋肉腫を除く小児悪性腫瘍
 (神経芽細胞腫、網膜芽細胞腫、Wilms腫瘍、Ewing肉腫)、
 精上皮腫(セミノーマ)
 胚細胞腫(松果体、下垂体などに多い)
 リンパ腫、ホジキン病、多発性骨髄腫

・比較的高感受性

 (低分化)扁平上皮癌(上咽頭癌など)
 髄芽腫、乳癌

・比較的低感受性

 腺癌

・低感受性

 奇形腫、神経膠腫(膠芽腫)、
 線維肉腫、骨肉腫、悪性黒色腫、腎細胞癌など

*甲状腺未分化癌
非常に予後不良で
 放射線に関しても低感受性

臓器親和性

(70am68、65.35、62.36)

核種 親和性臓器
3H 全身   
55Fe 造血器・肝・脾   
60Co 肝・脾   
90Sr  
125-131I 甲状腺  
137Cs 筋肉   
222Rn ウラン鉱夫
226Ra 時計の文字盤
232Th・239Pu・241Am 骨・肝 トロトラスト被投与患者
238 骨・腎  

 被曝の統計

 (71am2、66.34、65.96)

被曝源

世界平均(mSv)

日本平均(mSv)

宇宙線の合計

0.39

0.27

直接電離・光子

0.28

 

中性子

0.1

 

宇宙線生成各種

0.01

 

外部大地放射線の合計

0.48

0.32

屋外

0.07

 

屋内

0.41

 

外部被ばくの合計

0.87

0.6

吸入被曝の合計

1.26

0.43

★ラドン及びトロン

1.25

 

U及びTh系列

0.006

 

食品摂取被曝の合計

0.29

0.41

40K

0.17

 

U及びTh系列

0.12

 

内部被ばく合計

1.55

0.8

自然被曝合計

2.4

1.48

医療被曝

0.6

2.25

全被曝の合計

 

3.75

・宇宙放射線は緯度に比例して増加する
・核実験による大気汚染は1963年をピークに下降している
・職業被ばく
・高バックグラウンド地域では「がん」「遺伝子疾患」の増加は確認されていない
「染色体異常」の増加は確認された
・食品中放射線物質:Cs-134、137、Sr-90、Pu、Lu-106を考慮している
・チェルノブイリでは「小児甲状腺がん」の有為的な増加が認められた
  

コメント

error: Content is protected !!