自律神経 / リンパ / 血液 / 胎児・新生児

スポンサーリンク

自律神経系

 (62.5、61.17、60.13)

  交感神経  副交感神経
神経伝達物質  アセチルコリン

ノルアドレナリン
アセチルコリン
持続と興奮の伝達方法(神経節) 中枢に近い 器官に近い
持続と興奮の伝達方法(起始)  胸腰髄 脳幹、仙髄
瞳孔 拡大 縮小
涙腺  分泌抑制  分泌促進
血管(皮膚) /  血管(筋)  血管収縮 / 血管拡張 血管拡張 / 血管収縮
皮膚 汗腺分泌 汗腺抑制
心臓 運動促進 運動抑制
気管支 拡張  収縮
消化管 運動抑制 運動促進
消化腺  分泌抑制 分泌促進
泌尿器 尿分泌抑制 尿分泌促進
排尿筋 拡張 収縮

*交感神経:節前神経のほとんどが交感神経幹に入る 

○交感神経、副交感神経 

(66.13)
・分布
:ほぼ同じ内臓諸器官に分布(2重支配)

・作用
:拮抗作用(一方が器官の働きを促進すると、他方はそれを抑制するように働く)

・中枢
間脳、視床下部で調節される

血液

 (70pm50、67pm54)
・構成
:赤血球数(500万/mm3)
 白血球数(5000~8000/mm3)
 血小板(20~50万/mm3:止血に関与)
 ヘマトクリット値(40%)
 血漿タンパク質(7% (うちアルブミン56%))
 pH7.4

・概要
:体重の8%を占める

リンパ組織

 (71am53、68pm52、65.3.6、64.4、63.2、62.18、61.11、60.9)
・一次的(中枢性)リンパ組織(器官)
:「胸腺」「骨髄
 → リンパ球の増殖分化の

・二次的(末梢性)リンパ組織(器官)
:「リンパ節」「扁桃」「脾臓」「腸管」「リンパ組織
 → 抗原に対する免疫返答の場

・リンパ球
:白血球の1種で、リンパとともに全身をめぐり、感染症などに対する免疫機構の中で働いている

多能性幹細胞

リンパ系幹細胞

Tリンパ球

 

 

 

 

 

 

Bリンパ球

 

 

 

 

 

 

骨髄系

幹細胞

巨核芽球

巨核球

血小板

 

 

骨髄芽球

骨髄球

かん状核球

好塩基球

好酸球

好中球

単芽球

前単球

単球

マクロファージ

[ad]
★Bリンパ球
骨髄で成熟する
 体液性免疫で働く
 分化して形質細胞となり抗体を産生する

・Tリンパ球
サイモシンの内分泌により胸腺で成熟する
 細胞性免疫で働く(移植免疫など)

・ヘルパーT細胞
:B細胞・キラーT細胞・マクロファージを活性化させる

・ナチュラルキラー細胞
細胞性免疫を担当する

・好塩基球
:ヒスタミン不活性化、アレルギー反応に関係

・好酸球
:貪食能
 アレルギー疾患で増加
  ヒスタミン遊離

★好中球
:「病原体の貪食
 「細菌感染で増加
 「急性期の膿瘍内部で増加

★マクロファージ
:「病原体の貪食

*リンパ管
:血管と違い、蠕動、骨格筋収縮によっておこる流速は遅く、逆流防止の弁がある

胎児・新生児

 特徴

 (69pm57、67pm55、62.10、61.12、60.16)
・胎児と胎盤は、中に2本の臍動脈本の臍静脈が通るへその緒(肝臓などにつながる)でつながっている
・臍動脈
:胎盤に静脈血(CO2と老廃物の排泄)を輸送する

・臍静脈
:胎児に動脈血(O2と栄養素)を輸送する

・動脈管(Botallo管)
肺動脈と大動脈をつなぐ       

・静脈管(Arantius管)
臍静脈と下大静脈をつなぐ

・卵円孔
 → 右心房と左心房を交通する

・新生児は体温調節が未発達

・胎児期の遺残物
:ボタロ靭帯

・ガス交換
胎盤にある絨毛間血液洞で行う

・母体との間には血液関門が存在する

・小児特有の構造物
骨端軟骨

・肥厚性幽門狭窄症
:幽門筋が肥厚し、ミルクが十二指腸まで運ばれない病気

コメント

error: Content is protected !!