アーチファクト / 日常の保守管理

スポンサーリンク

アーチファクト

(70am21、69pm19、67pm19、67pm23、61.26、66.37、64.37、63.29、62.44)

①多重反射

胆石など高吸収なもの
 → コメット様エコー(コメットサイン) 

 探触子から放射されたパルスが組織境界で反射され、振動子の接触面や他の組織の境界を何度も往復して反射が繰り返される現象反射体が小さくても、周囲組織との音響インピーダンスの差が大きいと多重反射を起こす

・改善方法
:「圧迫の強さを変える」
 「ビーム角度を変える」 

②サイドローブ

胆のう頸部(十二指腸ガス)
 サイドローブ内強い反射体が存在した場合に、そこからの反射が探触子に戻り画像を作る現象

③ミラー(鏡面)効果、ミラージュ現象

:横隔膜など
 斜めに平滑な反射体で反射することで、同じ経路で探触子に戻り、ビームの延長線上に虚像を作る現象

④レンズ効果

腹直筋と脂肪組織の混在部
 屈折したビーム強い反射体で反射して、同じ経路を通って探触子に戻り、ビームが放射された方向に虚像を作る現象

⑤断面像の厚み

胆のう近傍
 超音波画像が、ビーム幅にあるすべての情報を集積して一断面に存在するとして描出することによって起こる
 ビーム内に異なった反射体が混在すると、目的内部に別の反射体が存在するように見える。

⑥音響陰影

結石や腸管ガス
 強い反射体で超音波の大部分が反射、屈折、減衰し、それより遠方に超音波が届かず、結果として後方が無エコー、低エコーに観察される現象

⑦側方(外側)陰影

乳腺腫瘤、嚢胞、肝細胞癌
 辺縁が平滑な球状組織の辺縁で、屈折が大きくなり、側方に音響陰影が生じる
辺縁の滑らかさの指標となる

⑧折り返しアーチファクト

 ドプラ法において発生する

日常の保守管理

・一時的に使用しないときは画像をフリーズする

・ゼリーは必ずふき取る
 ゼリーの水分でプローブが劣化する

・サーマルインデックス(TI)
:1.0以下で安全とされる 
 Dモードで大きくなる

・メカニカルインデックス(MI)
:1.0以下で安全とされる

コメント

error: Content is protected !!