分割照射 / IMRT / 定位照射

スポンサーリンク

分割照射

○標準的分割法(通常分割法)

:1回2Gyを週に5回

○一回大線量小分割法

:1回4Gy、週に2~3回

○1日多分割照射法(過分割照射法)

(70pm40、69pm69、68am69.pm68、67pm70、64.84、61.81)
 1日2回(6時間以上あける)
 週に10回、1.2Gy:過分割照射法
 週に10回、1.5Gy:急速過分割照射法
*正常組織と腫瘍組織とのわずかな感受性の差と回復力の差を利用し、その差を拡大させる
 正常組織の急性障害はやや強く出るが、晩発障害の減少腫瘍抑制の向上が期待できる
  → 治療可能比を高めることが出来る

*全照射期間を長くすると腫瘍細胞で加速増殖が起こる

○分割照射における生物学的等価量

(70pm66、69pm65) 
 LQモデル:S/S0=exp(-αD-βD2)
 早期反応(腫瘍)のα/β=10Gy   
 晩期反応のα/β=3Gy
 生物学的等価量 BED
 BED(E/α)=D×(1+d/(α/β))
 d:分割線量 
 D:総線量

原体照射

 固定多門や回転照射で、病巣の形に合わせて照射野をMLCなどで整形し、正常組織の被曝を抑える
 適用:「副鼻腔癌」「上咽頭癌」
    「食道癌」「前立腺癌」
    「肺癌」「非切除膵管」

スポンサーリンク

強度変調放射線治療(IMRT) 

 (71pm39)
 照射野内にビーム強度の強弱を付け、ターゲットに近接したリスク臓器への線量を減らす方法
・特徴
 X線を用いた多門照射
 → 皮膚表面線量の影響は小さい
 MLCを用いて照射野の中に任意の強度さをもつ不均一な線量分布を作成する
 リスク臓器の障害を抑えつつ、腫瘍組織に高い総線量を投与できる

・適応
頭頸部(副鼻腔腫瘍,眼窩内腫瘍,中咽頭腫瘍など),前立腺癌、子宮頸癌など

・治療計画
 インバースプランニング目標DVHを定め、照射方法を決める逆方向計画)で行う

・線量計算グリッド
2 mm 程度の小さな計算グリッドの使用

・線量計算アルゴリズム
Superposition法モンテカルロ法などの精度の高いアルゴリズムの使用推奨

・強度変調の方法
(1)吸収体を用いた方法
(2)マルチリーフコリメータを用いた方法
 ― static MLC法(step-and-shoot 法, 固定リーフ多門法)
 ― dynamic MLC法(sliding window 法,リ−フ運動制御法)
   ― Segmental MLC IMRT

・Rotational IMRT(VMAT)
:DMLC IMRTかつガントリーが回転しながら線量率も変化させる

・ガントリ回転強度変調照射法 Helical Tomotherapy
 ガントリは三次元照射と同様に患者の周囲を回転し、MLCも合わせて連続的に変化する。しかし、その変化は標的輪郭に一致したものではなく、最適な線量分布を作成するためにコンピュータによって求められた照射野を設定する

定位放射線照射(STI)

(69am43、68pm37、67pm42、64.86、63.79、62.80、61.82、60.83)
 5~10門以上または、多軌道回転運動照射の放射線治療
 リニアック、サイバーナイフ、ガンマナイフ等を用いて、従来の治療よりも大線量短期間に照射するなどで行う

・位置精度の対策

 → 固定具の使用
   5mm以内の固定精度

・呼吸性移動の対策

 → 動体追跡照射
追撃照射と追尾照射

・禁忌

 絶対禁忌妊娠中
 相対的禁忌当該部位への放射線治療の既往
       重篤な間質性肺炎
        肺線維症
       糖尿病
       膠原病
       ステロイドの常用

・保険適用

:「原発性肺癌」「転移性肺癌
 「原発性肝癌」転移性肝癌
 「脊髄動静脈奇形
 「頭頚部腫瘍
 「原発性腎癌
 「限局性前立腺がん
ただし、
 原発性:5cm以内3つ以内かつ他病巣なし
 転移性:5cm以内かつ他に転移なし

・頭蓋内病変適応
:「転移性脳腫瘍
 「聴神経腫瘍
 「動静脈奇形
 「神経鞘腫」

・照射方法と定位放射線照射の定義

定義:頭蓋内小病変や体幹部小病変に対し4cm 以下の極小照射野を用いる定位的な放射線治療

照射法 SRT
(Stereotactic Radiation Therapy) 
 SRS
(Stereotactic Radiosurgery)
ガンマナイフ
固定方法 シェル(非侵襲的)  特殊フレーム(侵襲的)  特殊フレーム(侵襲的)
線量配分 分割照射 1回 1回

・ガンマナイフ

 (62.73、61.75)
 小さなCo線源を半球上に201個内蔵しビームコリメーションにより細いビームを作り、1点で焦点を結ぶ
 1度に高線量を正確に集中照射できる
・対象:「頭蓋内病変

・ライナックサージャリ(リニアック)

・特徴
多門照射であるため、皮膚表面線量の影響は小さい
 位置精度確認は技師や医学物理士が毎日行う
 3次元放射線治療計画システムが必要
 照射野が小さいため、辺縁での線量降下が著しい

ノンコプラナ照射 

(62.83)
 定位照射のように治療ビームをCT面と無関係に3次元的に照射する方法

コメント

error: Content is protected !!