性能評価

スポンサーリンク

性能評価方法 (JESRA規格)

 (66.58、61.53)
 固有:線源を用いて、コリメータを外す20kcps以下
 総合:コリメータをつける

・(固有/総合:線源/SPECT:円柱線源)感度均一性
 99mTc核種
 有効視野サイズの窓をもつ鉛マスク
 10kカウント以上
 総合では30kcps以下

*相対的雑音σ
:S/N比の逆数
 Planerの方がSPECTより小さい

・SPECT再構成後の総合容積感度
 99mTc核種の円柱線源
 10kcps以下

・(固有:99mTc核種/散乱体の{あり/なし}総合:コリメータごとの核種の線線源)空間分解能
(68am26、65.54.59、60.54)
 格子状鉛スリットファントムを使用
 FWHMで表す
 総合では20kcps以下
 ウィンドウ幅ピクセルサイズなどに依存する

・SPECT再構成後の総合空間分解能(散乱体無し:点線源/あり:線線源) (70pm27)
 99mTcまたは57Co核種
 20kcps以下
 FWHMで評価

・固有エネルギー分解能
 99mTcおよび57Co核種
 有効視野サイズの窓をもつ鉛マスクを付ける
 10kカウント以上
 エネルギースペクトルを求めて、光電ピークのFWHMで表す
 通常分布スペクトルの半値幅ΔEまたは、これを放射線のエネルギーEで割ったΔE×100/E

・(固有/散乱体のある総合:面線源)計数率特性 (64.54)
 99mTc核種
 有効視野サイズの窓をもつ鉛マスク
 4kcps以下になるまで測定する(線源減弱法)

・固有空間直線性 (61.53)
 99mTc核種
 格子状鉛スリットファントムを使用

・高計数率時の固有分解能/均一性
 75kcp以上で測定する

・(目視のみ)回転中心試験(70pm27、63.54)
 線源
 サイノグラムで測定する 

・複数ウィンドウの像のずれ
 コリメータ使用しない
 67Ga核種

スポンサーリンク

・その他
:「遮へい能力」
 「ホールボディ測定画像の総合空間分解能」
 「検出器-検出器間感度偏差」
 「システムアライメント」
 「X線CT組合せSPECT装置における画像重ね合わせ精度」

SPECTの日常点検(毎日行う)

・すべて目視
 「均一性
  :20kcps以下でBKGか面線源かシリンジ等を使用する

 「SPECT回転中心
  :中心軸から10cmほどずらした場所で線源を使用する

 「エネルギーピークの確認
  :20kcps以下で使用する線源ごとに測定する

SPECTの定期点検

固有均一性(微分値/積分地)」:頻度毎月
SPECT回転中心ずれ」:頻度毎月
SPECT均一性」:目視でアーチファクトの確認:頻度6か月

PET装置の性能評価 

(65.56)
(1)空間分解能
線源を使用する、NEMA規格

(2)計数率特性(散乱フラクション・計数損失・雑音等価計数率)
線源を使用する、NEMA規格

(3)感度
線源を使用するNEMA規格

(4)減弱・散乱補正の精度
溶液線源を使用する、NEMA規格

(5)計数損失および偶発同時計数補正の精度
線源を使用する、NEMA規格

(6) 画像濃度の均一性
(7)画像の位置合わせ精度

コメント

error: Content is protected !!