造影剤

*陽性造影剤とはT1短縮で信号強度を大きくする
*陰性造影剤とはT2短縮で信号強度を小さくする

スポンサーリンク

1. Gd-DTPA造影剤(常磁性体)

(71pm18、71am91、70pm18、67am17、61.34.36.41、60.37)
 「経血管注射造影剤」
 「性造影剤」
 「高濃度で性造影剤」
・ガドリニウムは重金属イオンで毒性が高いため、キレートを形成し毒性を軽減させたもの
・静脈内投与により正常脳脊髄では血液脳関門を通過できないが,腫瘍などの病変部には入り込む
・通常の濃度での投与によりT1値短縮が優位となり、T1強調画像で信号強度は強くなる
・濃度を増加させるとT2値短縮が優位となり,信号強度は小さくなる
・Gd-DTPA造影剤の濃度と信号強度は比例しない
・投与により病変部が高信号になると、脂肪との識別が困難になるため、脂肪抑制撮像法を併用して撮像
・排泄:尿

ガドリニウム系造影剤の副作用について

 ヨード系造影剤に比べて副作用の発現率が少ないが、重篤な合併症を引き起こすこともある
・禁忌
過敏症をもつ患者

・原則禁忌
気管支喘息や重度の肝・腎障害をもつ患者

・慎重投与
アレルギー体質の患者

・新生児
:糸球体濾過や腎臓クリアランスが成人より低いため生物学的半減期が長くなる
 
・産婦
:投与後、授乳24時間控える(24時間以内にすべてが尿中に排泄)
 
・腎機能が低下している患者
:腎性全身性線維症(治療法は未確立)を発症することがある
 腎機能評価にクレアチニン値
 → 推定糸球体濾過量(eGFR)

スポンサーリンク

2. SPIO(超常磁性体酸化鉄コロイド)

  (71pm18、70pm18、62.39)
 「経血管注射造影剤」
 「性造影剤」
・肝臓の細胞内皮系細胞(クッパー細胞)に貪食されて取り込まれる肝特異性造影剤
・微小酸化鉄粒子であり、正常組織のT2*値を短縮させる効果により陰性造影剤として使用される
静注投与され、転移性肝癌の診断に利用される
・禁忌
:ヘモクロマトーシスや鉄過敏症の患者

・経口剤は水の信号を落とすために、消化管の検査に利用される

3. Gd-EOB-DTPA(ガドキセト酸ナトリウム)造影剤

  (71pm18、68am18.am21、65.30)
 「経血管注射剤」
 「陽性造影剤」
 「高濃度で陰性造影剤」
・脂溶性Gdキレート製剤であり、Gd DTPA造影剤と同様
・肝臓に対するダイナミックMRI検査に利用されている
・Gdに肝細胞への特異性のある造影剤であり、Tl強調画像にて正常肝細胞信号として描出される
・1回の投与で血流評価質的診断が可能である
胆汁排泄される

4. クエン酸アンモニウム 

(70pm17、66.32.35、64.34)
 「経口消化管造影剤」
 「性造影剤」
 「高濃度で性造影剤」
・高濃度でMRCP撮影時に胃・十二指腸の信号を低下させ、胆管・膵管とのコントラストを高める
・マンガンが含有されたブルーベリージユースの経口投与によりTl値およびT2値が短縮される
・普通の濃度ではT1強彫像で消化管内腔を高信号に描出(陽性造影剤)

5. 塩化マンガン四水和物 

(71pm18、70pm17、66.35、64.34)
 「経口消化管造影剤」
 「性造影剤」
 「常磁性
 MRCPで消化管内液の信号を消す

・MRI造影剤の比較

分類 細胞外液性造影剤

(Gd-DTPA)
肝特異的造影剤

(Gd-EOB-DTPA)
肝特異的造影剤

(SPIO)
分布  細胞外液 細胞外液と肝細胞 血液とクッパ―細胞
造影効果 主にT1強調で造影剤が高信号 主にT1強調で造影剤が高信号 主にT2強調で造影剤が低信号
目的 血行動態の差異の可視化 血行動態と肝細胞機能の差異の可視化 クッパー細胞の有無または機能の差異の可視化

(65.30)

コメント

error: Content is protected !!