防護量 / 実用量 / 被ばく量 / 防護の原則

スポンサーリンク

防護量の単位と定義

 (71pm99、68pm98、64.100、62.99)

名称 単位 定義
線量当量 J・kg-1=Sv  =(ある点における吸収線量)×(線質係数)
★等価線量 J・kg-1=Sv ある組織・臓器にわたって平均し、線質について加重した吸収線量

=Σ((ある組織・臓器の一点における吸収線量)×(放射線加重係数))
★実効線量  J・kg-1=Sv  =Σ((等価線量)×(組織加重係数))
預託等価線量   RI摂取後にある期間に与えられる等価線量の時間積分値

期間が不明な場合、成人は50年、子供は摂取時から70年とする
預託実効線量   等価線量率の代わりに実効線量率をとったもの
摂取した放射能×実効線量係数

実用量の単位と定義

(71pm96)

名称  単位 定義
周辺線量当量 Sv  ある一点に全方向から来る放射線を整列・拡張した場にICRU球を置いたとき、整列場方向に半径上の深さdmmにおいて生ずる線量当量
方向性線量当量 Sv 線量計の角度依存性を表すのに用いられる線量当量
個人線量当量 Sv スラブファントムを用いて測定する人体上のある点における軟組織の深さdにおける線量当量

防護量の計画に関する変更点

・等価線量の算定において
「両性具有ファントム」→「男女別標準ファントム
 実効線量は各組織の等価線量の平均値を用いて計算する

被ばく線量の算定

 (68pm100、66.100、64.97、61.100)
 被ばく線量[μSv]
 =実効線量率定数[μSv・m2・MBq-1・h-1]×放射能[MBq]×時間[h]÷距離^2[m2

外部被ばくによる実行線量算定

・不均等被ばくによる実効線量の算定

 (71pm99、67pm101)
 HEE = 0.08Ha + 0.44Hb + 0.45Hc + 0.03Hm
 Ha:頭頚部における1cm線量当量
 Hb:胸部・上腕部における1cm線量当量
 Hc:腹部・大腿部における1cm線量当量
 Hm:以上のうち最大となるおそれのある部分における1cm線量当量

・個人被ばく線量計

 (68pm85、62.100)
 原則として男は胸部、女子は腹部に装着する
 プロテクタ使用時のような不均一被ばくが考えられる場合、内側と外側に装着する

*外側:最も多く被ばくすると考えられる部位で、頭頚部用ガラスバッチや指用のリングバッチなどがある

・鉛プロテクタ

 (68pm85)
 多くは鉛製のエプロン型で、甲状腺防護専用のネックガードや、鉛入りグラス製の水晶体防護グラスもある

スポンサーリンク

放射線防護の原則

外部被ばく防護の三原則

 (61.101、60.93)
・「時間
:なるべく短く

・「遮へい
:線源を囲うように
 γ線・X線は高原子番号物質、
 β線・電子線は低原子番号物質+γ線・X線の遮蔽物質
 中性子は低原子量物質+高吸収断面積+コンクリート

・「距離
:なるべく遠く

内部被ばく防護の3D2C

 体内への侵入低減のための5原則 (70pm100)
・Dilute
:溶媒や担体の添加による希釈

・Disperse
:換気による分散

・Decontaminate
:フードの使用などによる除去

・Contain
:容器などによる密封

・Concentrate
:線源の保管の集中

コメント

error: Content is protected !!